上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
16日目、郵便屋さん行ってきました。

登るときから、下りまでずーっと雨でした。

今日は、夏山シーズン繁忙期の一ヶ月半、毎年もう8シーズンもアルバイトに上がってこられる、御歳67歳にHさんと上山しました。
濃いガスの中、早い落石が近くを通り過ぎることもありましたが、休むことなく一気に葱平まで無事到着しました。
Hさん60代後半とは思えない体力、脱帽です。
お疲れさまです。


本日の大雪渓7.18

7.18 本日の大雪渓2


さすがに今日の雨では、写真も余り撮れませんでしたが、昨日の写真から数枚アップします。

落石 2m


大雪渓下部の落石ですが・・・。
ストックの長さが110cmほど、2mはゆうにありますね・・・。


葱平亀裂


葱平の先日ミヤマシオガマを撮った場所ですが・・・。
大規模に土砂がずり落ちて、登山道をふさごうとしています。

葱平は年々崩れて痩せていってます。
国土交通省や長野県が人工的に手を加えていますが、5年も経つと崩れはじめ、10年経つとゴミの山です。
自然の力には人間では歯止めがききませんね・・・。

亀裂岩


亀裂つながりでもう一枚・・・。
この割れた岩はどうして割れたか、わかりますか?

実は岩の隙間から水が入り、冬の間に水分が凍って、岩を押し割るという・・・。
やっぱり自然の力はすごいですよね。

こういう現象が稜線近くでおきて、崩落や落石につながるんです。
そりゃあ、住宅クラスの岩や、大型バス級の岩が剥がれ落ちるのも納得ですね!

たまに雷が岩にヒットして割れるなんてのもありますが・・・。

とりとめも無く、花をアップしておきます。

ダケワラビ

通称ダケワラビ、おいしい山菜です!
信州の人は余り食べませんが、富山の人は大好きですね・・・。
本名はミヤマメシダです。

ミヤマクロスゲ

スゲの仲間は非常に難しいのですが・・・。
たぶんミヤマクロスゲかな?

ミヤマハンノキ

森林限界に頑張る樹木のひとつミヤマハンノキです。
このハンノキ近くに生えるオニクという奇妙な植物があるのですが、また見つけたらアップしますね・・・。

コイワカガミ

コイワカガミ、鮮やかなピンクです。

ショウジョウバカマ

ピンクつながりで、ショウジョウバカマ。
雪解け直後に出てくる、高山帯から亜高山帯まで幅広く分布するたくましい植物です。

シロウマオウギ

シロウマオウギ、白馬岳には白いマメ科のオウギは4種類ありますが、また順々にアップしますね・・・。

キバナノカワラマツバ

キバナノカワラマツバ、花が咲かないとぺんぺん草のよう?

アオノツガザクラ

アオノツガザクラ、もともと稜線に多く分布しますが、葱平上部でもたくましく花を咲かせていました。
ちなみに雷鳥さんの大好物です。

アラシグサ

アラシグサ、どういう名前の由来でしょうかね?
これも、花が咲かないとパッとしませんね・・・。

医大さん


医大さんのチームの入れ替えで、10数名が大雪渓を無事下山しました。
また、今シーズン入る部員もいるようですが・・・。
一週間、お疲れさまでした!
下界を満喫して、またおいで・・・。

今日も50~60名ほどの、大雪渓上山者がいました。
明日は連休初日、お天気になればどっと登山者が押し寄せるんだろうな~。

大きな、事故がないように・・・。

スポンサーサイト
2014.07.18 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。