上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
52日目、郵便屋さん行ってきました。

朝起きると両足のふくらはぎに、違和感が・・・。
ん~?筋肉痛というよりは、軽い肉離れ的な感覚・・・。
まっいいか~、何とかなるでしょう!
今日は、ゴミ拾いはしないぞ~。


8.30 猿倉荘

8.30 馬尻小屋前

8.30 本日の大雪渓


さすが8月最終の土曜日、平日よりにぎやかです。

しかし、馬尻ケルンあたりでは、上山している人は少ない・・・。
今日は午後から雨予報、登山者の皆さ~ん!早出早着は基本中の基本ですよ~!


マイマイ


秋道でマイマイの赤ちゃんが、見送ってくれました。


いたずら?


馬尻ケルンに設置の、N潟大落石定点カメラ・・・。
誰かにひっこ抜かれていました!
山は、いい人ばかりではありませんね・・・。
残念です!


Sドクター


”おはようございます!”
雪渓の途中で声をかけられて、人見知りの郵便屋さんは会釈だけで通り過ぎようと・・・。
何度も挨拶されるので、ふと顔を上げると・・・。
槍ヶ岳山荘で、山岳診療活躍のSドクター・・・。
以前の常駐隊仲間で、現在は五竜山荘伝説の小屋番?をしているOちゃんとの共通の知人で・・・。
一年ぶりの再会でした!

Sドクター、決して無視してたわけじゃないですよ~、郵便屋さんは人見知りなだけです。
失礼しました、またどこかの山でお会いしましょう!


8.30 葱平より


やはり登山者、遅だちですね~。
人影が見えません!

気になっていた画像を・・・。


不思議な石


どうやって、穴が開いたんだろう・・・?


湧き水


雪渓途中杓子側、伏流水になって湧き出ている湧き水・・・。
”うまそ~、いや確実にうまいぞ~あの水は・・・。”

良い子の登山者の皆様は、登山道から離れていますし、水の落ち込んでいるところは雪渓が極端に薄くなっています!
踏み抜き、怪我することになりますよ~!
絶対、汲みに行かないで下さいね~!!!


危険


この「休むな危険」を見て、「混ぜるな危険」を連想してしまうのは、私だけでしょうか・・・?


いつかは

いつかは2


何年も前から気になって、仕方ないのですが・・・。
この大岩、いつ落ちるんだろう?
どんどん雨で、周りが侵食されて・・・。

下の写真の赤い大岩もその昔、上部から転がってきたもののようです。
その上にある黒っぽい岩は、7~8年前に木道をなぎ倒しながら転がりました。
まきこまれた登山者が、いなかったのが幸いでしたが・・・。
誰か歩いている時に落ちていたなら、4~5人は亡くなっていたかも知れません。

よくこの木道に、腰掛けて休まれている登山者を見かけますが・・・。
私は常にダッシュで駆け上がり、木道階段の最上部で安全を確認の後、深呼吸をして息を整えています!
やっぱ山は怖いですね~!


ステーキ丼


食べる前に、写すのを忘れていました。
最終日ということで、K支配人より、本日の昼食はステーキ丼でした。
ご馳走様でした、おいしかったです~!

登山者の皆さん、頂上宿舎のディナーセットを食べに上がってきてくださいよ~!!!


栂海新道Tシャツ


最終日の今日は、様々な人と行き会いましたね~。
栂海Tシャツを着た、朝日小屋の女性小屋番Aさん・・・。
熊さんに気をつけて帰ってね~!


村民登山


ミックジャガー似のガイドKさん率いる、白馬村村民登山の皆様・・・。
そのすぐ上で、半分麦わら帽子をかぶった、あの「山が好き、酒が好き」のTシャツを作った、白馬山荘主任のK君・・・。


N潟大御一行


元頂上宿舎支配人Kさん率いる、N潟大教授と学生さん達・・・。

お花さんや蝶さんや蛾さんも・・・。

マルバギシギシ

マルバギシギシ、赤くなってきました。

タカネスイバ

タカネスイバも・・・。

お花畑

お花畑、ミヤマキオンとトリカブトの競演です。

アラシグサ

アラシグサ、ひっそりと・・・。

クガイソウ

クガイソウも咲き始めました。

ゴマナ

ゴマナも・・・。
変な名前ですよね~。

オオウバユリ

オオウバユリの実も立派に・・・。

蛾

スジボソヤマキチョウ?


ゴミ

猿倉ポスト


やっぱり見て見ぬふり出来ずに、ゴミ拾いしました・・・。
馬尻小屋、猿倉荘のポストも、本日を持って終了になります。
皆様、ご利用ありがとうございました。

沢山のコメント、励ましを受けてなんとか、夏休み宿題ブログ?”山の郵便屋さん”続けることができました。

さすがに疲れましたので、冬眠ならぬ秋眠に入ります。
このブログは、これから無くならない程度の不定期更新になります。

ブログにお越しくださった皆様!
本当にありがとうございました!!!

さて、明日から失業・・・。
遊び人です。


スポンサーサイト
2014.08.30 / Top↑
51日目、郵便屋さん行ってきました。


信号待ち

不帰方面


高曇りだけど、白馬三山は見えるし、不帰方面も・・・。
不帰方面、右から天狗の頭(ちょっと見えてないな~)~標高差300m天狗の大下り~不帰一峰~不帰二峰の北峰、南峰~不帰三峰~唐松岳です。


8.29 猿倉

8.29 馬尻小屋前

8.29 本日の大雪渓


猿倉荘前は、さすがの金曜日、ここのところの平日より登山者が・・・。

馬尻小屋前は、チラホラ・・・。

馬尻ケルンからは、あれ~?

昨日も山の神様と約束したので、ゴミ拾いしながら上山。


東邦 荷上げ


東邦航空さんが、どんどん濃くなるガスにあわただしく、荷上げ中・・・。


大崩落


雪どけが進み、平成17年8月11日に天狗菱から大崩落した岩が・・・。
写真ではわかりづらいですが、家一軒くらいはある大きさです。


8.29 葱平より


今日の登山者は、皆さん遅だちのようです。

夜行電車、車で夜中や朝方到着し、車中で仮眠ってパターンですかね・・・。
体調をくずさないように、無理しないで登って下さいね!


ケーキ


ゴミを拾いながら歩くので、いつもより右左にジグザグ登り・・・。
時間もスピードもマイペースではないので、ゆっくり歩いた割には、非常に疲れました!

ご褒美に、K支配人からケーキのデザートを・・・。

登山者の皆さん、頂上宿舎のケーキセット、売り切れないうちに、食べに来てくださいよ~!
ちなみにセットのお飲み物は、紅茶かコーヒーですので・・・。


タブレット


ごめんなさい、娘から借りているデジカメが液晶に水が入って、(娘に殴られるかも・・・。)ゆがんでポイントがつかみづらいので変な構図になってますが・・・。
避難小屋前で、10インチタブレットを操作する単独登山者・・・。

声をかけてみると、どうやら地図や白馬岳の情報を収集しているらしい・・・。
”便利ですよ~!”って・・・。

実際の地図は持っているのだろうか・・・?
電波が入らなくなったり、バッテリーが切れれば、ただの箱!

最近は白馬岳周辺や槍ヶ岳周辺は、電波もよくWiFi環境も整ってきていますが・・・。
個人的にアナログ人間の私は、”デジタルは嫌いだ~!”
GPSの有効利用は、いいですがタブレットはね~?
何よりも重くないのかな~?

つらつらと、花や蝶や蛾を・・・。

カライトソウ

カライトソウです。

シロバナノクモマニガナ

シロバナノクモマニガナです。
黄色のクモマニガナも探しているのですが・・・。

ヨツバヒヨドリ

ドライフラワー状になってましたが、ヨツバヒヨドリです。

岩ベンケイ

本当に岩から生えている、岩ベンケイって感じです。
ベンケイつながりで、先日指名手配をかけてた植物、どうやらミツバベンケイソウのようです。
明日再度、観察して確認します。

タカネバラ実

タカネバラ実です。
海辺のハマナスと同じに見えるのは、私だけでしょうか・・・。

クロトウヒレン、クロクモソウ、紫

クロトウヒレン、クロクモソウも鮮やかな紫色に・・・。

ミヤマオダマキ

ミヤマオダマキも花が無ければ、別の植物のようです。

ハイマツボックリ

ハイマツの松ボックリも、大きくなってきました。

ミヤマクワガタ雌?

ミヤマクワガタ雌でしょうか?

シャク蛾?

蝶

蝶2

蝶3?

涼しくなって、元気がなくなり、写真は撮りやすくなった、蛾や蝶達・・・。

キンポウゲ畑

スーパーピューマ台風


まだまだ、遅咲きの花達が頑張ってますよ~!
是非、秋の白馬岳へどーぞ~!!!

馬尻小屋下のオオイタドリが、ことごとくなぎ倒されていました・・・。
東邦スーパーピューマ君、踏み荒らしペナルティー、一件ですね!

今日も昨日と同じく、ゴミ袋いっぱいのゴミを拾いました。
昨日、私とバイト3人組で目に付くゴミは、だいたい拾いましたが・・・。
本日のゴミは、ほぼ古いゴミばかり・・・。

グリーンパトさんは、この夏のシーズン何をしてたんでしょう???
悲しいです!

明日、郵便屋さん最終日です。

最後まで安全登山の見本になるように、怪我や事故なく上下山したいです!
気をつけて、行ってきま~す!!!





2014.08.29 / Top↑
49日目と思っていたのですが、7/22に19日目と書くところを間違えてました。
で、50日目、郵便屋さん行ってきました。


ソバ畑


ソバ畑が美しかったので、パチリ!
雲がドヨ~ン。


8.28 猿倉荘


本日の猿倉荘前、登山者は5~6人程度と思いきや・・・。
昨日下山した、おフランスM君、8/16に雷の中下山した、気象予報士Y君とY君の彼女、計三人が待ち伏せ?
御殿場まで、特別乗車してあげました。

頂上宿舎K支配人に、大変お世話になったので、お土産を歩荷したいとのこと・・・。
こんな若者がたくさんいてくれれば、日本の未来は明るいんですがね~!


再び

8.28 馬尻小屋前

8.26 本日の大雪渓


ガラガラ・・・。
落石の音では、ありません。

白馬はお盆を過ぎると、めっきり登山者が減ってしまい、秋には本当に寂しくなってしまいます。
涸沢のように紅葉が鮮やかな、ナナカマドなどの樹木等が少ないですが・・・。
オトギリソウの赤色やダイコンソウ黄色など、草紅葉も美しいですよ~!
白馬大池ルートにナナカマドもたくさんありますし・・・。
また、雪どけの遅かった場所には、遅咲きの高山植物にも出会えます。

何より今シーズンの雪渓は、昨シーズンに比べ格段に安定していて、まだまだ十分な雪渓歩きが楽しめます。
秋の白馬登山、お勧めですよ~!



8.26 葱平より


やっぱり、ガラガラです。
昨日、山の神様と約束したんで、ゴミ拾いをしながら上山しました。
登山中に、何度も腰をかがめるのは、やはり重労働?、”ゴミバサミが欲しい~!”


ウラジロタデに阻まれ?


落石研究のN潟大、Sさん下山になりました。
岩室跡と馬尻ケルン付近の定点カメラは、あと二週間ほど設置していくそうです。
面白半分に動かしたり、いたずらしないようにお願いします。
私の知る限り、大雪渓での初の落石研究ですから、今後の研究、活躍に期待しています。

ただ、ウラジロタデが邪魔しないか、ちょっと心配ですが・・・。


ねじこみ


ゴミ拾いしていると、ありました。
嫌~な気持ちになる、岩の間にねじ込んである、タバコの吸殻・・・。
その後も上がっていくと、同じ銘柄の吸殻ゴミが、たぶん同一人物なんでしょうね~。
”山にもタバコの条例できないかな~”

嫌な気持ちの直後、天狗山荘のS君に行き会いました。
なんと、天狗山荘~頂上宿舎~大雪渓下山~鑓温泉泊という、奇抜なコースで休暇を楽しむとのこと・・・。
いいな~若いって!


キスリングザック


N潟大のSさんと下山していくと、お花畑で南方面にプチ遠征に行っていた常駐隊S君が上山。
S君には、古くからの山仲間である、冷池山荘のM支配人と看板女性小屋番Mさんに、ささやかなお土産をたくしまして・・・。
無事届いたようで、良かった良かった!

ありがとうS君、そしてお疲れ様です!

さらに下っていくと、昨日のブログで言っていた、キスリングザックの登山者が・・・。
思わずお願いして、後姿を撮らせていただきました。
ご協力、ありがとうございます!

ゴミ拾いに熱中?してたので、花の写真は撮れませんでした。
少しだけ、マニアックなのを・・・。

ヒトツバヨモギ

ヒトツバヨモギです。

ミヤマオトコヨモギ

ミヤマオトコヨモギです。

タカネヨモギ

タカネヨモギです。
葉っぱの切れ込みが特徴です。

カニコウモリ

カニコウモリですね。
これより、葉っぱの大きいオオカニコウモリというお花もありますが・・・。

何の花?


で、馬尻小屋近辺の一角に咲いているお花・・・。
たぶん里から上がって、根づいたもののようですが、どなたか詳しい方教えてください!!!


全く!


全くトラロープや赤布を無視して、自分達の好きに歩いている登山者!
”そこはコースじゃありませんよ~”・・・無視!

同じ頃、シーズンに何度も上がってくる地元の方が、秋道を上がるようにアドバイスしたそうなんですが・・・。
それも無視!

自分勝手で、遭難事故にあうのは仕方ないにしろ・・・。
それにつられて歩く人が、事故にあったら・・・。
まあ、自分勝手な人たちだから、それも無視かな・・・?


ゴミ


嫌~な気分で下山して・・・。
袋いっぱいの、ゴミを見たら、さらにへこんでしまった!

明日も見落としのゴミ拾うから、山の神様、”お天気にして頂戴~!”


2014.08.28 / Top↑
48日目、郵便屋さん行ってきました。

日本海側に低気圧があり、猿倉荘前でもシブシブ雨が降ってたので、あきらめてカッパを着て出発。
使い古しのカッパに、ニクワックスという、いわゆるのり付けコーティングをしたので、さて効果のほどは・・・。

8.27 猿倉荘

8.27 馬尻小屋前

8.27 本日の大雪渓


猿倉荘前にも馬尻小屋前にも、登山者はパラパラ・・・。
早朝登山者は7~8人ほどだそうだ。

ここでコースの最新情報です。


秋道

秋道2


馬尻ケルンから杓子側、左側の秋道を上がってください。


秋道3


短い雪渓がありますが、その後にざれた砂利道がありますので、ここでアイゼンはつけずに、慎重に雪渓を上がってください。
斜度的にはまだ、緩やかなので凍っているところに注意しながら進みましょう。


秋道4


3号の壁の途中から、雪渓歩きの開始です。
ここでアイゼンを装着、斜めにトラバースしながら上がっていくので、横滑りしないように気をつけて・・・。

馬尻ケルンから、このアイゼン装着場所まで、所要時間40~50分ほどです。
ここのところの雨により、道が不安定なので、特に下りの方は石をなるべく落とさないように、また捻挫等にも気をつけて通行してください。


バランス

砂山の手前の3人パーティ、最後尾の青いザックカバーの女性、へばってました。
よ~く見てください、ザックが右に傾いていますよね~!
歩くたびに左右にザックが揺れるので、不必要な力が必要になってきます。
たぶん彼女のザックの重量+2~3キロの体感重量になっていることでしょう。

パッキングの基本は、軽いものを下に、重いものを上なんですが・・・。
不必要な重いものは、首から背中上部に、すぐ出し入れが必要な、カッパ、水筒、食料などは雨ぶたなどに、ガサガサ動かないように収納するのが、いいですね・・・。

後、最近のザックはポジションを変えられる機能がついているので、何回も荷物をつめてから背負って、自分のベストポジションを探すことをお勧めします。

私が山を歩き始めた頃は、今のような縦型ザックはなく、皮のキスリングザック、帆布の屋根型テントに、鍋に飯ごうをくくりつけて、首が後ろに引っ張られ、アゴを出しながら歩いていた・・・”重かったなあ~!”
なので、パッキングはうんと研究し、なるべく荷物が軽く感じられるように、つめる練習をしましたね~!
自分にあったザックとパッキング技術で、疲労度合いがウンとかわりますよ~!!!


8.27 葱平より


雨は雪渓途中から止みましたが、葱平から大雪渓は、真っ白け~。


避難小屋


避難小屋ですが・・・。
着替えをしたり、雨宿りをしたりと狭いながらも、登山者の皆さん、使っていただいていますが・・・。
ドアを開けっ放しにしていく人が、非常に多いです。
雨風が中に入るのはもちろん、ドアの破損にもなりかねません。

以前、この避難小屋の前は、もう二周りほどの大きな小屋だったのですが、小屋閉め後に利用した登山者が閉めていかなかったため、冬の間にパンパンに雪が中に入り込み、壊れてしまいました。

結局、小屋閉め後には管理しきれないので、避難小屋もボルトで小屋閉めするように・・・。

真冬は雪に埋まって、利用できませんが・・・。
小屋閉め後の11月12月にも、残念ながら避難することは出来ません!
避難小屋なのに・・・。

もう秋で、お花も寂しいですが・・・。

ウラジロタデ

ウラジロタデの赤い花。

コバイケイソウ

コバイケイソウですね、二輪だけ咲いていました。
この花は2~3年に一度、爆発的に群生して咲くのですが、確か去年が咲き年だったはず・・・。
狂い咲きなんていいますが、かわいそうです!
何かの事情で全滅しないように、種の保存のために、別の年に咲くという少数派のえら~い?コバイケイソウなんですよ~!

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマも紫色に・・・。

コラボ

遅咲きの、ミヤマクワガタ、ミヤマオダマキ、マルバギシギシ、後ろでクロスゲが、”仲間に入れて~”・・・。

イワオウギ実

タイツリオウギ実

咲いているときはわかりにくいですが、上がイワギキョウの実、下がタイツリオウギの実、名前のとうりの鯛釣りですね・・・。

何コケ?

やっぱり、コケはわかりません。

ハデ


カップルのハデハデザックカバー、いいですね~!
このカバーなら、谷底にあっても遭難しても、よく目立つ?
いえいえ、そんなことがあっては困ります!!!
お気をつけてど~ぞ!


お疲れ様


フランス生まれ、フランス育ちの日本人?M君、山小屋バイトを満喫して、本日下山。
一時下山のTさん、白馬山荘のバイトさんも合流して5人での下山となりました。

皆さん、お疲れ様でした!

明日も天気予報、悪う~!
天気良ければ、ゴミ拾いしながら歩くから、山の神様~!おねが~い!!!








2014.08.27 / Top↑
47日目、郵便屋さん行ってきました。

本日は、秋バイトのO君と上山。
雨男の天狗S君が下山したから、回復するはずだったのに・・・。
もしかしたら、もしかしたら、O君が雨男?


8.26 猿倉荘

8.26 馬尻小屋

8.26 本日の大雪渓


猿倉荘は、登山者パラパラ・・・。
馬尻小屋前、馬尻ケルンにおいては、登山者ゼロ。
ん~ん、今日の登山者は、賢明な人ばかりでいいな~!

下りのお客さんも少なく、黙々とO君と二人雨の大雪渓を上る。
小雨でしたが、なかなか降り止まない・・・。

とりあえず、岩室跡でO君とお別れし先行する。

頂上宿舎到着後、常駐隊さんたちと情報交換、早々に下山する頃には、雨足がどんどん強くなる・・・。
登山道は濁流の川状態!

”こりゃ~、長走沢を車で渡れなくなるかも~、やっやばい!”
ダッシュで下山!


仮橋


仮橋の水かさも、どんどん増えています。
仮橋流されないか、心配です!
デジカメもベショベショで、不調・・・。


なぜ?


こんな天気に、まさかの上山者続出!
25人位は、上がって来ましたね・・・。
明日も予報は悪いのに、なぜなんでしょうね~?
こんなお天気で、何が楽しいのかな~?
私には理解できないし、何より危険です。

というわけで、花の写真もゼロ、デジカメ不調で・・・。
事前に撮っていた、非常に難しいセリ科の植物を・・・。

ミヤマゼンゴ

ミヤマゼンコです。
先日ガイド仲間から、”ミヤマゼンゴだよ~”と指摘を受けて、色々な植物図鑑をみると、ゼンコもゼンゴも両方ある???
ネットで調べたところ、「深山前胡と書き、前胡は生薬でぜんこと読むのでミヤマゼンコが正しいと思われるが、本種はミヤマゼンゴと言われることがある。」とあったので、私はゼンコでいくことにしました。

ミヤマトウキ

ミヤマトウキですね・・・。
ミヤマゼンコと区別が難しいのですが、私は茎が中空なのが、ミヤマゼンコ、詰まっているのがミヤマトウキで見分けています。

ミヤマシシウド

ミヤマシシウド、葉っぱの特徴で見分けます。

オオカサモチ

オオカサモチ、花が一輪、打ち上げ花火のように咲くのが特徴です。

2オオハナウド

オオハナウ、大型のセリ科ですね・・・。

ミヤマウイキョウ

ミヤマウイキョウ、こちらはかなり小型です。

他にも高山帯には、シラネニンジンやハクサンボウフウ、以前に紹介したタカネイブキボウフウなど・・・。
亜高山帯、山地も含めると沢山のセリ科の植物があって、見分けが非常に難しいです。

セリ科の植物は、どの花も独特の香りを放ちます。
群がる虫たちにとっては、究極の香りのようですね~!


濁流


というわけで、増水した長走沢も何とか無事通過・・・。
小日向の湯手前の橋から、不帰の剣方面を見ると、すごい濁流でした。
まだまだお山では、豪雨なんだろうな~!

カッパもザックも乾く間が無いよ~。
晴れて欲しい!


2014.08.26 / Top↑
46日目、郵便屋さん行ってきました。

朝から雨降り、へこむ~!
ふと道の駅で、野宿の自転車旅軍団にいやされる~。
今日のテーマソングはスタンドバイミーで行こう!


自転車旅


とりあえず、カッパの下だけはいて出発するが、馬尻小屋到着で観念?して、上下フードもかぶり再出発。

ここで、ヘルメット愛好家の方にお聞きしたいです。
私はキャップ、フード、ヘルメットの順番でかぶりますが、ヘルメットの上からフード派の方もいらっしゃいます。
なんかフードが引っ張られ、首が固定されて、肩がこりそうな気がするんですが・・・。
私の場合、オプションでキャップのつばに、洗濯ばさみでフードがひらひらしないように固定します。

なんにしろ雨降り登山は、不快感が満載ですね・・・。
何か不快感を失くす、いいアイデアをお持ちの方、募集します。


8.25 猿倉荘

8.25 馬尻小屋前

8.25 本日の大雪渓


猿倉には、ちらほら登山者がいましたが、大雪渓を上山する人は私のみ?

下山者は15名ほどいましたが・・・。

カチカチの大雪渓に、ノーアイゼンの下山者、牛歩です!

ノーアイゼン


雪渓は生き物です。
特に今シーズンの大雪渓は、例年に無く固くしまっている日が多いです。
アイゼンは必携ですよ~!


秋道

秋道2

クレバス


先週からトラロープをまたいで、穴の開いた雪渓を歩く人が続出し、危険と判断した常駐隊が、ルート変更をしました。

馬尻ケルンから杓子側、上を向いて左側のトラロープに沿って、秋道を進んでください。
200~300m進んだところで、雪渓の上を歩くので、アイゼンを装着してください。

途中、何箇所か土石を乗り越すところがありますが、道自体がゆるんでいたり、泥の下がツルツルの氷になってますので、慎重に通過してください。
クレバスも今のところまたげますが、くれぐれも慎重に・・・。
時々ストック等を落とされる方がいますが、超長々マジックハンドでもない限り回収できませんので、お気をつけ下さい。

雪がたくさんあるので、馬尻ケルンから歩こうとする登山者もいるかもしれませんが、一人が足跡を残せばそれにつられる人が続出します。
決してロープをまたいで、雪渓を歩かないで下さい!
一番最初に歩いた人の後に、事故が起きれば、最初の人は遭難幇助のようなものですよ~。
マナーを守って、みんなの安全登山に努めてください。
お願いします!!!


8.25 葱平


葱平に着くころに、雨が少し筒ずつあがって来ました。
この時点で、上山者はゼロ。


オブジェ倒壊


先日アップした、雪のオブジェも倒壊し始めました。
いつ大きく崩れるか、わかりませんので、くれぐれも興味本位で近づいたり、水を汲みに行こうとしたりしないで下さいね・・・。
お花摘み、キジ撃ちも危険です。


岩ゴロン岩ゴロン2


頂上宿舎から100mほど下った登山道に、直径1m50くらいの岩がごろりと抜け落ち、道をふさいでました。
常駐隊M班長が、山土方工事で迅速に対応してくれました。
私が下山する頃には、この通り・・・。
M班長、お疲れ様、ありがとう~!

登山者が通行時に転がらなくて、本当に良かった!
山は危険がいっぱいです!


岩ゴロン修復


少しですが、お花とその他を・・・。

タカネシオガマ

タカネシオガマですね、白馬岳は圧倒的にミヤマシオガマが多いので、気づきませんでした。
ミヤマは葉っぱが細かく切れ込んでいるので、ギジャミヤマシオガマなんて、覚えかたしてましたね・・・。

ミヤマアケボノソウ

ミヤマアケボノソウですね、どう見ても仏壇に飾れそうな花なんで、葬式花なんてね・・・。
珍しい白花も昔あったのですが、最近は出てこなくなりましたね~!

ミヤマホツツジ

ミヤマホツツジです。
似たのにホツツジがありますが、違いは雄しべがまっすぐなのと、ミヤマは上に向いてる違いだけなんです。
どっちでもいいような気もしますが・・・。

ナメクジ君

ナメクジ君、たくましい生命力ですね・・・。

カヤクグリ

カヤクグリですね。
白馬岳のブタイワヒバリ?いやいや可哀想なんで、オオイワヒバリ?より、小柄ですね・・・。


天狗S君


本日は、天狗山荘終了のS君と下山、S君、お疲れ様でした!
本業のアウトドアライターに戻るそうです。
皆さん、老舗自転車雑誌、Sクルスポーツをよろしくお願いします。

雨男、いやいや嵐を呼ぶ男?S君が下山したので、明日からはドピーカンかな?

カッパ着るのヤダ~!





2014.08.25 / Top↑
山の郵便屋さん、お休みでしたが・・・。
早起きして遠足に、行ってきました!


レタス畑


いいでしょ~?一面のレタス畑。
菅平の高原野菜・・・。
このレタスロードを、ラガーマンやランナーの学生さんたちが走りまくってます。


牧場脱走牛

根子岳登山口の牧場です。
一頭の牛君が、脱走してました!

ガイドさん


”そっち、遊びに行くよ~”メールしたら、根子岳までのガイドを買って出てくれました。
彼女は元白馬のグリーンOGで、今は菅平のNPO法人の代表Kさんです。
いい笑顔です~!

本日、雪が無いコースなので、長靴ではなくサッカニーのトレランシューズでいざ~!


戸隠~妙高方面

今回お天気悪く、見れた展望はこれのみ・・・。
戸隠~妙高~火打~焼方面です。
お天気よければ、その向こうに北アルプスが見える予定でしたが・・・。


ガイドさん2根子岳指示盤


Kガイドさんのおかげで、根子岳山頂に無事到着、ガスガスで霧雨状態・・・。
Kガイドさんとはここでお別れ、四阿山には私の一人旅・・・。
ちなみに、Kガイドさん明日も学生さんの根子岳ガイドだそうです。

お疲れさまです。
そして、ありがとう~!!!


四阿岳山頂


天気悪いので飛ばして、四阿山山頂到着。
雨がパラパラきたので、皆さんカッパを着てましたが・・・。
相変わらずやせ我慢の私、無謀登山者?


登山届け


何とか濡れずに、登山口に下山できました。
トレランランナーも何人かすれ違いましたが、トレーニングにはいいコースですね・・・。

今回登山届け、出し忘れました。
遭対協さん、ごめんなさい、毎日出してないのでついつい・・・。
でも、ポストはあったのですが、用紙が見当たらなかったんです~。

いろんな花があったので、ペタペタと張りますが、完全アウェーなんで、間違ってたらごめんなさい~!


ミネウスユキソウ  ワレモコウ  何キキョウ?

蛾?  ハンゴウソウ  ベニヒカゲ?

マツムシソウ  マツヨイグサ  ママコナ

マルバハギ  シャジン  タムラソウ

ツリガネニンジン  トモエシオガマ  ノハラアザミ

ハナイカリ  キツネノボタン  アキノキリンソウ

キンミズヒキ  クロマメ実  コウリンカ

ジャコウソウ  アサギマダラ  ガマズミ?

アミタケ  オオハンゴウソウ?とヒカゲチョウ?  カラフトイバラ


さすがの花の百名山、もう少し早ければもっと沢山の種類を見られたでしょう、残念・・・。

山の郵便屋さんも、明日から最終週です。
ニャーニャー登山でリフレッシュ出来たので、事故、怪我の無いようつとめます!

天気予報に反して、天気にな~れ!


2014.08.24 / Top↑
45日目、郵便屋さん行ってきました。

昨晩は相当な雨量だったよう・・・。
早朝より、白馬村は雷注意報が出ています。


8.23 猿倉


土曜日ですね~、そこそこにぎわっています。


8.23 馬尻小屋前

8.23 本日の大雪渓


でもお天気は、濃いガスにつつまれて、真っ白け!

以外と下界が涼しく感じたので、いつもの痩せ我慢Tシャツ+長袖Tシャツを着たのに・・・。
湿度、不快指数ともに100%、超蒸し暑い!
汗だくの上に、濃いガスでしっとりベチャベチャ・・・。


大雪渓下部


大雪渓下部も雪どけが進み、秋ですね。


秋道


雪渓が終了し、秋道を少し上がったところですが・・・。
登山道上に常に水が、流れている箇所があります。
ここ最近の雨で、とても軟弱になっており、浮石だらけです。
ちょっとつかむ石や、乗り越える石を間違えると、すぐ崩れて落石になってしまいます。
また、すれ違うことの出来るスペースもほとんどありません。
上り下り、お互い声を掛け合って、落石を起こさないように慎重に通過してください。
お願いします!

8.23 葱平より


葱平から大雪渓、どっぷりガスの中ですね・・・。

本日は自然のオブジェを・・・。


穴あき石


どうやって、穴が開いたのか?この石ころ。


雪のオブジェ


雪渓がどんな風に、クレバスが入り、どんな風に融けていくのか・・・。
そんな、研究をしている人もいるんでしょうかね?


2雪のオブジェ 


こちらは、岩の上に乗っかってなかなか落ちない、大中小の雪の塊。


取り付きより


下山する頃には、大雪渓もクリアーになってきました。
これで、落石も見えるので、一安心?
さすが土曜日ですね~、200名~250名位の上山者・・・。

花はぱっとしたのが、撮れませんでしたが・・・。

イタドリ

葱平のイタドリですが、オオイタドリよりは背丈が小さいし・・・。
ミヤマイタドリなんて無かったから、チュウイタドリ?

アザミつぼみ

アザミのつぼみ、きれいですね・・・。

ヤチトリカブト?

やっぱりトリカブトは難しい、ヤチトリカブトですかね?

コケ

白馬岳近辺は、八ヶ岳のようにコケの仲間は少ないのですが・・・。
なんとかミズゴケですか?全然知りません。
どなたか教えてください!

ツルニンジン

突如現れた、ツルニンジン。
形といい色といいユニークですね。

ミミズ?

番外、やっぱミミズ?

危険


こちらの写真、雪渓上に大きな穴の後ろに小さな穴があるのですが・・・。
前の3人の登山者は、穴と穴の間を斜めに横切り・・・。
後ろの単独登山者は小さい穴の手前にきて、穴の際際を通りました。

私としては、どちらもハラハラしてみてたのですが、皆さん強心臓?大物です!
後ろの単独登山者に、”ロープまたいでは、危ないですよ~”と声をかけたところ・・・。
逆切れされました。
”ワシは踏み跡どうり歩いただけじゃ~”


踏み跡?


その踏み跡がこちら・・・。
ブリッジ上でなく、完全に雪が浮いた状態です。
何人かでのれば倒壊、みんなで本流ウォータースライダーなんてことも・・・。

雪の踏み抜き事故ってのは、例えば5人パーティなら大概、3番目か最後の5番目が多いんですよ!
不思議と、ほんとの話しです!

誘導ロープ、赤布に従ってください。
お願いします!!!

アサギマダラ


やっと、アサギマダラ撮れました!

明日は、お天気どうかな~・・・。
晴れれば、休養トレーニングにハイキング?に行きたいのですが・・・。



2014.08.23 / Top↑
44日目、郵便屋さんいってきました。

信号待ちでお山を見ると、うっすら雲がかかってますが、晴れそう・・・。

信号待ち

8.22 猿倉荘


猿倉荘前も金曜日、お天気がよさそうなので、少し賑わいが・・・。


8.22 馬尻小屋前

8.22 本日の大雪渓


猿倉の賑わいの割には、団体さんの列が見える程度で、馬尻小屋前にもケルンにも登山者は少なそう・・・。


8.22 本日の大雪渓 2


しかし、久々の紺碧の青空!
やっぱ、山はお天気が一番、超極地法をやめて少しスローペースで、雪渓歩きを楽しむ!


小穴


昨日あれほど言ったのに、小穴の横を歩いています!
小穴の横に、もっと小さな穴が見えますよね・・・。
踏み抜けば、本流が待ってます。
赤布、トラロープにしたがって、上がってください!!!


クレバス


クレバスもどんどん開きます!
無理しないで・・・。


清水?


現在の雪渓終了点、秋道への取り付き近くにある沢水です。
今日も顔を洗ったり、おいしそうに飲まれていましたが・・・。

私は雪渓の雪どけ水を飲んでも、このあたりの水は絶対飲みません!
日本一大きな小屋の、直下にある沢水ですから・・・。
岩もヌルヌルしてますよ!


苦肉の策


こちらも取り付き部分ですが、トラロープを張ってあるにもかかわらず、ロープをまたいで踏み跡をどんどん拡大していく登山者が多いですね・・・。
常駐隊長Tさん苦肉の策?
ロープ+倒木+ロープ通せんぼ作戦ですね!
なんか、楽しい~。


8.22 葱平


葱平より、東の山々もよく見えてます。

そうそう、とあるガイドさんがお客さんに”ねぶかだいら~”と何度も連呼してましたが・・・。
正確には”ねぶかっぴら”です!
ぴらは方言で、斜面にある原っぱの意味だそうです。


アサツキ


で、アサツキのたくさん生えてた斜面で、葱平(ねぶかっぴら)になったんですね・・・。
よくバテバテのお客さんが、”平らなとこなんて全然ないし、休めな~い!”なんて怒っていますが、残念でした!


天狗菱


方言ついでに、もうひとつ・・・。
”てんぐびし”のひしやびしも方言で、とがった岩を意味するそうです。
天狗菱は、たまに崩落して暴れることもありますが、カッコイイ岩峰なんで、なんかピーク名をつけててあげたいな~!


フトン菱


100名山の一つ、雨飾山の”ふとんびし”なんかも、同じ菱ですね。


デポ


葱平の途中に、カッパとシャツの落し物???
いやいや、日帰りピストンのお客さんが、デポってたものではないかな~?
重いからって、水とカッパは持たなきゃ~!

パトロール時代のその昔、バテた登山者のザックを持って一緒に、上がっていると・・・。
雨が降ってきたので、”カッパを着ましょう~”と言うと・・・。
”重いので考えに考えて、持ってきませんでした!”そのおじいさん・・・。

私が持っていた、おじいさんのザックは、結構な重量だったんですがね???


ハクサンフウロ

ハクサンフウロのつぼみですが、アサガオのように開いていくのですね・・・。
初めて、気づきました。

ヒメクワガタ

ヒメクワガタ、可憐です。

エゾシオガマ

エゾシオガマ、シオガマも種類が豊富ですが、高山で白いのはこの花ですね。

トリカブト
  
トリカブトの群落。
ずっと疑問なんですが、ハクサントリカブトとミヤマトリカブトって、同じ?違う?

オニシモツケ

オニシモツケも群落。
なぜか、今シーズンは赤いシモツケを見かけない?


何蝶?

エルタテハ?


気温も上がり、蝶々も元気に飛び回っていました。
シジミ蝶なんかも飛んでいるのですが、写真に収めることが出来ません残念・・・。

両方とも角度が悪い写真ですが、あしからず・・・。

今晩あたり、寒気と前線は、北アにグッと接近してくるそうです。
明日も晴れて欲しいな~!








2014.08.22 / Top↑
43日目、郵便屋さん行ってきました。

本日より3~4日ほど、寒気がはいってくるらしい・・・。
午後の雷怖いので、ダッシュで上って、ダッシュで下ってきました。
登山者が少なくなってきたので、追い抜くのに手間取ったり、道をゆずってなかなか下山できないなんてことも無く、超極地法?


8.21 猿倉

8.21 馬尻小屋


本当に登山者はパラパラ・・・。
なぜか、昨日下山したグリーンさんが二人、ピストンするそうな???


8.21 本日の大雪渓

8.21 本日の大雪渓2


やはり昨日、一昨日と変わらない、稜線には黒く濃い雲が立ち込めている・・・。


作業


昨日の午後、上山されているはずの常駐隊長Tさんが?・・・。
聞いたところ、大穴の下に小穴が開いて、その雪の厚みが以上に薄かったので、急遽秋道側への道づくり・・・。
大変、お疲れ様です。


大穴

小穴

赤旗


さすがにゴウゴウと音をたててる大穴には、近づく人はいないでしょうが・・・。

二番目の小穴は、昨日まで登山者が歩いていた、ベニガラの跡がありますよね・・・。
実はこの小穴、クセモノなんですよ!

登山者の皆様、安全登山のために・・・。
馬尻ケルンから、アイゼンを装着して3号の急斜面まで、赤旗や赤布を目印に、何度か雪の無いところ、杓子側を歩いてください。
決して雪のほうが楽だからと、逸脱して歩くと見えないクセモノ小穴のエジキになってしまいますよ~!
ご注意下さい。


クラック


また、数本クラックが出来始めました。
クラックは数時間にして、パックリ開いたり広がったりとまるで生き物のようです。
注意深く観察し、危ないと感じたら無理してまたがないで、迂回して歩くことをお勧めします。


休憩場所


砂山が出来て、いい休憩所になりましたが・・・。
皆さん、ドッカと腰掛けての大休止場所になってきましたね~。

余り長時間休むと、身体も筋肉も冷えて、次動くのが大変になりますよ~、ほどほどの時間がよろしいようで・・・。
それから、後ろ側にも注意してくださいね~。
本峰側から草付きの中を、落石が襲ってくることがまれにありますからね!


8.21 葱平より

28.21 葱平より 


昨日と同じく東の空は、抜けているんだけどね・・・。
本当に、お客さん少ないです。

Iさん御一行


昨日、すれ違ったO案内人組合の山仲間、Iさん御一行が下山してきました。
皆さん、長野県の高校の先生仲間だそうで、いいですね・・・。

一昔前、学校の先生には山登りが好きな方が、たくさんいたのですが・・・。
最近は学校登山をする中学や高校でも、山に登る先生が少なく、下見にさえ先生のみで行くのに躊躇しているありさま・・・。
ちなみに昨夏、私がガイドした、O一中爺ヶ岳登山のときは、一番最初に先生がバテテしまい、足を引っ張ってくれましたね・・・!


フキノトウ

フキ?


気になっていたんですが・・・。
7月初旬に撮った、フキノトウですが、一向に花が咲きません!
何フキでしょうかね?
フキって七変化する、不思議な植物なんですよね~!


食い散らかし


昨日の猿軍団、食べ散らかしのせり科・・・。
今日は全く見かけませんでしたが、いずこへ???


ミヤマダイモンジソウ


非難小屋下部の通称パト岩で、ミヤマダイモンジソウ見つけました。
そういえば昔、ガイド仲間のIさんが、花弁が6枚のダイモンジソウを見つけて、”新種、太文字草や~”なんて言ってましたね~・・・。


トレラン外人さん


トレラン外人さん、軽装で走ってましたね・・・。
今日も何人かの、外国人の方とすれ違いましたが・・・。
よく考えれば、ほぼ毎日外国人と行き会いますね~。
白馬岳も世界のお山入りかな?


クモマ?

クモマ? 2


蝶々もまだ、お花畑で飛んでますよ~!


三重の方


最後に雪渓下山中、”郵便屋さんですか~?”と二人組みの登山者に声をかけられ・・・。
よくあることなんで、会釈して通り過ぎようとしたところ・・・。
”ブログ見てますよ~!”のお言葉!!!

山関係者や近辺にお住まいの方は、これまでありましたが・・・。
全く見ず知らずの一般?の方からは、はじめてで・・・。
ビックリと同時に正直、大変嬉かったです!!!

お気をつけて~、山行楽しんでください!!!

今日は思ったより、大崩れしませんでしたが、たぶんお山のほうは昨日と同じ、雷雨ではないでしょうかね・・・。

明日も寒気が居座るので、超極地法?
いささか、郵便屋さん疲れ気味です・・・。







2014.08.21 / Top↑
42日目、郵便屋さん行ってきました。

今日も肩こりです。
Eテリック?って有名で、高価な小型のザックを借りているのですが・・・。
これがまた、使いづらい・・・。
ファッション的にはいいのでしょうが、ザックとしては全然・・・。
ちょっと重いものを入れると、背中と肩に負担がかかって、よろしくありません!


計器


ちょっと重いものとは、この距離を測る計器でして・・・。
地球温暖化からか、天狗山荘の水源が厳しいそうで、沢からのポンプアップに挑戦するらしい・・・。

で、沢水源からの距離を計るのにこの計器?
明日から天気が悪くなるし、ガスでも出れば正確な距離なんぞ、計れるんでしょうかね、山で?
ロープ50mで人力で計るほうが、早いし正確なんじゃないでしょうかね、山では!


8.20 猿倉

8.20 馬尻小屋

8.20 本日の大雪渓

8.20 葱平より


本当に寂しくなりました。
大雪渓ルート上山、40~50名ほどでしょうか?



砂山

クルマユリ


今日も昨日と同じく、泣き出しそうな天気、午後は雷雨かな?

砂山もどんどん巨大化しています。

砂山側から本峰を見上げると、遅咲きのクルマユリたちが一斉に咲き始めました。


杓子側


ここ4~5日、杓子側がゆるんでいる様子・・・。
頻繁に落石が起こっています。
途中で止まったり、反れたりしているので、登山道的には今のところ安心ですが・・・。
登山者の皆様、決して油断はしないで下さいね!


とうとう倒壊


昨日まで廊下状になっていた雪渓が、とうとう倒壊しましたね・・・。
瞬間、見たかったな~!
すごい地響きのような、轟音がするんですよね~!

グリーン下山


先日の昭和医大さんに続いて、グリーンさんも全員下山となりました。
お疲れ様でした!
高山植物は、ちゃんと覚えられましたかね~?


猿猿2


グリーンさんの下山と交代に、猿君がお花畑まで上がってきてしまいました。
40~50頭の、おおきな群れです。
高山植物、食いほうけ~!(この辺の方言)
彼達は根っこからむしりとるからな~、たちが悪い!

本日、目にしたお花を・・・。


ネバリノギラン

ネバリノギラン、葱平に一輪だけ咲いていました。
本当にネバネバするんですよ~。

ヤグルマソウ

馬尻辺りでは咲き終わったヤグルマソウも秋道では・・・。

タカネバラ

タカネバラ、風が強くってなかなか撮ることができなかったら、しぼんでしまいました。

タカネヤナギ

タカネヤナギ、花粉が飛ぶと黄色いチョークのような粉が服やザックにつくんですよね~。

クルマユリ実

クルマユリ実、秋です。

トウヤクリンドウ

こちらも秋の花、トウヤクリンドウです。

アゲハ
アゲハ2
アゲハ3

アゲハ蝶、なかなか羽を休ませてくれません・・・。


登山道?

お尻の下


本日、気になった点をふたつ・・・。

上の画像は、数年前まで道は無くお花が咲いていたのですが・・・。
いつの間にか、登山道になってしまった!
また、葱平が崩れゆく要因のひとつになってしまいましたね。

下の写真は、前日まで生き生きと咲いてたお花がグシャグシャ!
日差しをよけるために、お尻でつぶしながら休憩した後ですね・・・。

登山者も少なくなってきました。
休む場所も、ローインパクトでお願いします!

明日から、寒気が日本海側から下りて来るそうな・・・。
潜伏していた、ヤダヤダ菌が・・・。










2014.08.20 / Top↑
41日目、郵便屋さん行ってきました。

早朝の大町駅から見たお山は、爺ヶ岳~蓮華岳よ~く見えます。
なんとか、天気もちそうかな~?
雲はわいていますが・・・。


大町駅より


本日の猿倉、馬尻小屋前です。
昨日よりもさらに寂しい・・・。


8.19 猿倉

8.19 馬尻小屋


どんどん雲が押し寄せて、暗~い!今にも泣き出しそうな空・・・。
また雷来る~?


8.19 本日の大雪渓

28.19 本日の大雪渓 

8.19 葱平より


登山者は40名ほど、ハイペースでみんなぶっちぎる・・・。
結局、今シーズン一番のタイム、御殿場から頂上宿舎まで2:03で到着。
東の空は抜けていて、西の空は真っ黒でどーも天気が読めません・・・。

そそくさと食事を頂き、下山開始・・・。
葱平中腹くらいまで下りると、上昇してくる熱気とともに天気が回復・・・。
やっぱ、今日の天気よくわからん!


葱平直登ルート

葱平直登ルート、思ったより長持ちしましたね・・・。
余談ですが、針ノ木雪渓中間部、通称ノドといわれる部分も例年、お盆の頃になると、こんな感じのトリコロール状態になるんですよ~。

吸い込まれそう

増水して万が一、本流に流されれば、大雪渓ブラックホールの中へと・・・。

スノーブリッジ 2

穴


先日から、何度も言ってますが、スノーブリッジや雪渓上の穴には興味本位で、絶対に近づかないで下さい。
日々、表面が融けている以上に、見えない下部から融けています。
本当に危険です!!!
よろしくお願いします!

ちょっと現実な話し・・・。
山で行方不明になって、遺体が見つからなければ、死亡確認が出来ないため、6~7年ほど経過しないと生命保険が支払れないそうです。
また、捜索も長引けば長引くほど、民間捜索隊の人件費がかさみ、莫大な捜索費になってしまいます。
山を愛する方、家族を愛する方、登山保険には必ず加入しましょう!

特に、単独登山者の方・・・、あなたですよ~!
ここ十年ほどの間でも、いまだ相当数の行方不明者が見つかっていないのが現実です。
見つかっていない登山者は、ほぼ単独行です。

標高の低いところから、本日のお花をどーぞ・・・。


テンニンソウ

シソ科、テンニンソウですね。
最初はタカネトウチソウかと思ったのですが、よくよく考えると、葉っぱが全然ちがいました。

ナギナタコウジュ

こちらもシソ科のナギナタコウジュです。
このあたりは、亜高山帯の植物というよりは、山地の植物ですね。

ミヤマエンレイソウ実
  
ミヤマエンレイソウも実をつけました。

オオウバユリ実

オオウバユリも結実。

オオバタケシマラン実

オオバタケシマランは赤い実。

カンチコウゾリナ

カンチコウゾリナも白馬尻あたりでは、上にぐんぐん伸びています。

ノウゴウイチゴ

ノウゴウイチゴ、いわゆる山の野イチゴですかね。

ダイニチアザミ

ダイニチアザミですかね・・・。
アザミは非常に難しい、シロウマアザミを探しているのですが・・・。

イワギキョウ

チシマギキョウより少し遅咲きのイワギキョウ、毛が無く(自分の頭のよう・・・悲しい~!)光沢があり、紫色が濃いのが特徴ですね。


国立公園内での蝶捕獲の内容をアップしましたが、法的な捕獲禁止についてご指摘がありました。
現在、森林管理所、環境省に確認をとっています。
不確かな情報を載せることはできませんので、削除、変更しました。




2014.08.19 / Top↑
40日目、郵便屋さん行ってきました。

里から信号待ちで、山のほうを見るとまたまた、ドヨ~ン!

昨日の日曜日も、朝から雷雨で、一日中降ったり止んだりで・・・。
雷三日かな~?


里


今日は猿倉荘の女子2名が、休暇をもらって一緒に上山。
猿倉荘前もお盆休みが終わり、さすがに静けさが・・・。


8.18 猿倉


馬尻小屋前も静けさが・・・。


8.18 馬尻小屋前


それでも、大雪渓上には30~40名ほどの登山者が・・・。


8.18 本日の大雪渓


絡みつくような濃いガスの大雪渓!
本来ならカッパを着たほうがいいのですが、いつものTシャツやせ我慢。
晴れろ~!!!


ルート?


ガスが濃いからか、ベニガラが見えないのか、先行の登山者はしょっぱなからルートを逸脱して、大穴のすぐそばを平気で歩いています。
踏み抜けば、マスコミが大騒ぎするくらいのデンジャラスゾーンなんですが・・・。

これから、登山者がどんどん少なくなってきます。
雪渓の状態は、日々変化します。
先頭の人が歩いてるルートが、必ずしも正解ではありません。
山登りは正確な判断の繰り返しで、事故や怪我を未然に防げるのです。

今日、穴の右側を通行した30~40名の登山者は運が良かっただけ、ほぼ大量遭難に等しいですね・・・!


秋道取り付き


秋道取り付き、雪渓が終了地点からの写真ですが・・・。
この15分ほど前までは、10m先が見えないほどのガスガスで、単独者の迷子が・・・。

杓子側より”お~い、お~い”と声がする。
みつまた山荘の重鎮、伊藤正一さんは、「黒部の山賊」の中で、お~いの呼びかけには答えないほうがいい、とおっしゃっていたっけ?・・・。

まあ、カッパの呼びかけじゃなさそうなんで、”登りか下りかは知らないけど、ルートから全然外れてますよ~、こっちのほうへ来た方がいいですよ~!”、私。

また一人の行方不明者予備軍を救った、私?


8.18 葱平

岩室跡に到着するころには、ガスも抜け始め日差しが・・・。
やせ我慢Tシャツの効果か???

ここで、緊急用無線機を渡し、猿倉女子といったんお別れ・・・。


猿倉女子

心配していた、陥没雪も二日間の雨で、ずいぶん融けていたので、一応一安心?

陥没


連日の雨続きで、娘のデジカメも水が入ったらしく、どうも不調・・・。
花と蝶を何枚か撮りましたので・・・。


ヤマハハコ

ヤマハハコ、咲きはじめですね。

ムラサキシロウマリンドウ

ムラサキシロウマリンドウ、別名ムラサキタカネリンドウです。

ヘソマガリ

ヘソマガリ

8/13にアップした、へそ曲がりのウルップソウ君が、いつのまにか素直君に???

カンチコウゾリナ

カンチコウゾリナ頑張ってますね・・・。

ベニヒカゲ

ちょっと遠いですが、ベニヒカゲかな?

ヒョウモン

ヒョウモン 2

タテヤマアザミに何ヒョウモン?

イワヒバリ

この鳥はそうでもないですが、白馬岳に出没するヒバリ君は、なぜかデブが多いんです。
ほんとに・・・!

お花畑


水をえて元気を取り戻した、お花畑の花々・・・。
遠くに見える岩峰は、通称ローソク岩です。

初恋の味


今日は気温がぐんぐん上がり、初恋の味カルピスも美味しかった~!

猿倉女子は明日は、鑓温泉ルート下山予定ですが・・・。
お天気見極めて、無理しないように、気をつけてね・・・。

まだまだ、天気は不安定そう、下界ではさっき雨がぱらつき始めましたが、雷雨の夕立の予感です。

最近出番のない、麦わら君が寂しそう・・・。









2014.08.18 / Top↑
39日目、郵便屋さん行ってきました。

里から山のほうをみると、どよ~ん・・・。


里より

8.16 猿倉荘


猿倉もお客さんは、少なそう・・・。


8.16 馬尻小屋前


馬尻小屋前には、ちらほら・・・。
Kツアーの名物ガイドBさん、早くも上山中止で栂池ヒュッテへ向かうそうです。
賢明な判断ですね・・・。


8.16 本日の大雪渓


馬尻ケルンより、本日の大雪渓です。
小屋の情報によると、早出発の登山者が、50名ほどとのこと・・・。

雨が振り出し、早々にカッパの出番です。


8.16 本日の大雪渓 2


雪渓を上り始めると、雪どけが進んで、昨シーズンの土石をが顔を出し始めました。


8.16 葱平より


雨が強くなってきて、下山のお客さんもどんどん下りてくる・・・。

いつもより、急ぎ足で頂上宿舎に到着。

カルピス、ラーメンを頂き、2週間前に上がったK大生Y君と、早々に下山開始。
雨足はどんどん強くなり、非難小屋を過ぎる辺りから雷が鳴り出しはじめ・・・。
”やばいなあ~”と、思いつつも仮橋が大水で流されても困るので、ダッシュで下山を続け・・・。

雪渓もダッシュ・・・。
雷にビビッているのは、私達だけ???
お客さんは、みな悠然と歩いていらっしゃる!
中にはだだっ広い大雪渓のど真ん中で、のんびり記念撮影している人も・・・。

こちらは未来のエリート、Y君を雷で死なせるわけにいかないので、猛然とダッシュあるのみ・・・。
”Y君、山で生き残るのは、ボクサーにたとえると、ボクサータイプで常にビビッてるほうが、生き残れるのよ~!”
”ちなみに記念撮影の方々は、ファイタータイプかな~?”

あっという間に、馬尻小屋まで1:30で下山完了。
というわけで、写真は全く撮れませんでした。

馬尻小屋に到着すると、上山中止をした韓国の方々の大宴会が始まっていました。
キムチとビールとジンロの、むせ返るようなにおいが小屋に充満しています。
キムチパワー?って感じですかね・・・。

雨の合間をぬって、何枚かの写真を・・・。


不思議

ふと岩にに流れ落ちる水を見て、発見したのですが・・・。
この岩のすぐ上にある、粘土質の土壌から白く溶けて流れ出した水が、何年もかけて沈着しています。
不思議?じゃないですかね・・・。

ヒル

ミミズ?ではないと思うのですが、全長20cmほどの大型のヒル?ですかね・・・。
本当のところよくわかりませんが、雨の中元気に動き回っていました。

オオヒョウタンボク実

オオヒョウタンボクも、赤い実をつけ始めました。
美味ですよ~。
毒があるので、おなかをこわしますが・・・。


サンカヨウ実


こちらも甘酸っぱい、サンカヨウの実です。
なんでもこの実を漬けた、サンカヨウ酒というのは、ほのかないい香りがするそうです。


何蝶


白馬尻で、蝶々見つけました。
ごめんなさい、ピンボケでなんて名前かわかりません~!

明日、郵便屋さんはお休みです。
しかし、お天気は明日もよくなさそう・・・。
雷三日、なんて言葉もありますしね・・・。

今日の雷は、気象予報士の資格を持つY君が、バイト期間中、私と顔を合わせるたびに、”山の気象学を教えて欲しい!”と言っていまして・・・。
その話しを山の神様が聞いていて、実体験をさしてくださったのでしょう!
今シーズン初雷、しかも午前中なんてなかなか無いことだし・・・。
やっぱり、山の神様のおふざけかな?

Y君、お疲れ様。

仮橋君が、流されないことを祈ってます。
登山者の皆さん、明日も安全登山でお願いしますよ~!!!


* 落し物の捜索です。

  このブログにも、時々登場するN潟大で、落石の研究をしているSさんですが・・・。
  8.14の午前10時ころ合羽を着た際に、葱平の中腹でオリンパスの一眼レフカメラを置き忘れたそう
  です。
  その後、数往復探しましたが、見つかっていません。
  もしも、お心当たりのある方が、いらっしゃいましたら、ご連絡下さい。
  
  研究用のカメラで、貧乏学生のSさん、大変困っています。
  よろしくお願いします!!!


2014.08.16 / Top↑
38日目、郵便屋さん行ってきました。

朝の天気図を見ると、日本海側に前線と二つの低気圧が・・・。
こりゃあ、あかんわ~、振り出しが遅いことを期待して・・・。


信濃大町


大町の登山玄関、信濃大町駅では、登山前の学生君たちがバク睡中!
日本は平和ですね~。
海外なら、まずありえない光景ですが・・・。


8.15 馬尻小屋


猿倉は撮り忘れましたが、馬尻小屋前から・・・。
天気もいまいち、登山者は少なめですね・・・。


8.15 本日の大雪渓


濃いガスに包まれて、上部は全く見えません。

本日は、昨シーズンの小屋番Nさんと上山、今シーズン4回目のお手伝い、元気ですね~。
天気が良ければ、祖母谷下山をしたいとのこと・・・。

二人でたわいもない話をしながら、硬く締まった大雪渓を登っていくと、雨足が強くなってきてカッパ着用・・・。
昨日、押入れで発見した、7~8年ものの熟成ストームクルーザー、”最高~モンベルさんありがと~!”


ともしび


小屋到着後、郵便物を受け取り、カレーうどんを頂き・・・。
雨の降り方が、だんだん強くなってきたので、早々と下山開始すると・・・。

背負子にクリアケースをくくりつけた人、発見!
譜面のようなものも見えたので、またまた山登りミュージシャンか???
聞いてみると、アコーデオンが入っていると・・・。

もう何十年も来ていただいてる、歌声喫茶ともしびの皆さん10名上山!
私も20年ほど前に、何度か山の歌を一緒に、合唱させていただいたことが・・・。
自然消滅してたと思っていたので、懐かしくもあり、うれしくもありました。

前線を吹き飛ばすほどの大合唱、期待してますよ~!


私設グリーン


ともしびさんの直後、ゴミバサミ持参の私設グリーンパト登場!!!
いい笑顔です!
ゴミを捨てる人は沢山いるけれど、一般の登山者で拾ってくれる人は、10年に一人いるかいないか・・・。

その方いわく、”いつも山にお世話になっていますから~!”

こんな雨の中、本当にお疲れ様です!
素晴らしいです、感激しました、ありがとうございます!!!

残念ながら、最近のグリーンさんは、ゴミバサミを持たなくなりました。
いつからでしょう?
赤いシャツとゴミバサミは、グリーンパトのトレードマークだったんですがね~!

雨のため、ほとんど写真が撮れず、花も二枚だけ・・・。


ミヤマダイコンソウ

雨でクターっとした、遅咲きのミヤマダイコンソウ。

ハゴロモグサ


まだ咲きはじめの、ハゴロモグサですね。
英名レディースマントル、聖母マリアのマントの形に葉っぱが似ているからだそうで・・・。
昔、NYのセントラルパークで、似たようなのを見つけましたが・・・。
NYは北海道と同じ緯度なので、高山帯の植物が結構その辺に咲いてたりするんですよね~。


雪渓崩れ


通称赤岩の下部の雪渓が、丸く陥没し崩れていました。
その下には仮橋があるので、大雨が降ると雪がつまって、鉄砲水や土石流、大岩が流れ落ちる、なんてことも考えられます。
災害が起きないことを、祈るしかありません。


仮橋


仮橋の水量も、どんどん水かさが増しています。
登山者の皆さん、上部に注意して慎重に、慎重に・・・。
無理だと思ったら、引き返す勇気を持ってください!
お願いします!!!

仮橋君、流されないように、耐えてくれよ~!


イタ車


下界へ下りると、アニメオタクのイタ車が並んでいました。
ウチの住んでる地区は、アニメオタクの聖地と呼ばれてまして・・・。
GWや連休には、こういうイタ車が何台も集結するのです。

色々、ありますね~世の中。

写真には撮れませんでしたが、本日で昭和大学医学部白馬診療部、全員下山となりました。
一ヶ月の山岳診療活動、大変お疲れ様でした!
また、来シーズンお会いしましょう~、お元気で~!

明日も、ストームクルーザーが大活躍かな?












2014.08.15 / Top↑
37日目、郵便屋さん行ってきました。

本日、大変疲れました。
時間が余り無いので、ブログ更新も短めで・・・。


8.14 猿倉

8.14 馬尻小屋


猿倉荘と馬尻小屋前ですが、お盆ラッシュも一段落?、やや登山者は少なめですね・・・。


8.14 本日の大雪渓


本日、新しい女性アルバイトさんとの上山でしたが・・・。
かなりのマイペースの方のようで、出発しようと思いきや、”今から帽子をかぶりますので、少し待ってください”とのこと・・・。
まあ女性なんで、日焼けが気になるだろうから・・・。

今日は天気が悪くなるから、早く行動したい!ところをグット我慢。

しばし歩いて、馬尻小屋に到着。
”休憩ですか?”彼女。
”休憩は基本しませんよ~、ここが”最後のトイレですよ~”私。
”どれくらい、かかりますか?”彼女。
”あなた次第なんで、わかりません”私。
”では、行ってきます”彼女。

のんびりペースで、時間だけが過ぎていく・・・。
ちょっとイラッとするが、我慢我慢!

馬尻小屋をようやく出発し、ケルンに到着。
”ここでアイゼンを、はいてください”私。

なんかもぞもぞ、のんびりペースの彼女。
”つけ方がわかりません!”彼女。
”昨日、猿倉荘で練習したんですよね?”私。
”はい、しましたけど、忘れました!”彼女。
”昨日の今日でしょ?”私。
”はい、忘れました。つけないで上がります”彼女。
”大丈夫?雪国育ちの人ならいいかもしれないけど、ほんとに大丈夫?”私。
”わかりません”彼女。

はあ~、参った!!!

このやり取りと、アイゼン装着に20分もの時間が無駄に過ぎてしまった。
ようやく歩き出すが、ベニガラの上しか歩けない彼女、ノロノロお客さんも道を開けないし、なかなか進まない・・・。
Tシャツ姿の私、身体が冷え冷えで低体温症寸前・・・。
ガスが濃くなり、落石が怖いのでなんとか引っ張って、砂山下部まで到着。

”ここで水分補給しましょう”私。
”持ってません”彼女。
”えっ?水もお茶も?”私。
”はい”彼女。

絶句!
このやり取りを聞いていた、山ガールのお姉さん達も、呆れ顔!!!

山に来る前から遭難してるわ~、この人!
登山経験全くなしとは、聞いていたけどこれほどとは・・・。
それがどうもこの彼女、教師だったらしい・・・。

すごすぎる、そしてそもそも、彼女の名前すら知らない!
山にアルバイトにくる、以前の問題でしょうね・・・。

あ~、日本の教育はいづこへ~???

猿倉で後で聞いた話ですが、前日は旅行用のガラガラで来たそうで・・・。
本日のスタイルは、ザックに肩からショルダーバックをかけるという斬新なファッションでしたが・・・。

なんとか、大雪渓と秋道の危険部分をクリアして、葱平に無事到着。

カッパを持っていることを確認して、”登山者も沢山いるし、道なりにグリーンロープを伝って、ゆっくりでいいので上がってください、お気をつけて・・・。”お別れしました。

最強でした!
先日のグリーンパト61歳、登山経験ゼロのおじさんも然り・・・。

山で働くという事が、どういうことか創造すら出来ないんでしょうかね???
S公社さん、私にはこういう人たちは、面倒見切れません。
あくまで、郵便屋さんですから・・・。

ニッコウキスゲ


というわけで、ブログ更新用写真も本日は、こんなものしか・・・。
馬尻ケルンの南斜面を見上げると、ニッコウキスゲが・・・。
別名、ゼンテイカ、漢字で禅庭花、こちらの名前のほうが好きですね・・・。


カブスカウト


馬尻小屋前では、カブスカウト君達が元気に上がってきました。


穴


最後に大雪渓を上りはじめて、10分~15分ほどのところに穴が開き始めました。
ベニガラからは少し離れているので、特に問題はありませんが・・・。
本流の川の音がゴウゴウと音をたてています。

良い子の登山者の皆さん、また雪見の観光客の皆さん、興味本位でのぞきに行かないで下さい。
穴は雪の上から融けたものではなく、川の下から融けて開いたものです。
その周りには、いくつもの落とし穴がひそんでいますよ~!

本流に飲み込まれれば、確実に死あるのみです。
遺体もほぼ見つかりません!
以前に実際、そういう事故がありました!

子連れさんは特にお気をつけ下さい!!!
お願いします。

明日も、微妙なお天気です。






2014.08.14 / Top↑
36日目、郵便屋さん行ってきました。
昨日の野菜ボッカのおかげで、腰が痛く・・・。

山荘の荷上げヘリも、スーパーピューマが飛んでく~。
天狗山荘にも朝一で、ヘリが飛んだらしい・・・。
この腰痛は、どうしてくれるの???

好天

8.13 猿倉

相談所


やはり、お盆ですね~。
猿倉もにぎわってます。
相談員さんも忙しそう・・・。
奥の男性相談員は、常駐隊OBのG君、お疲れ様です!


8.13 馬尻小屋前

8.13 本日の大雪渓


馬尻小屋前、馬尻ケルンからの一枚。
お天気がいいので、早い時間帯から登山者が登り始めているようです。


看板


馬尻ケルンにある、注意看板です。
登山者の皆さん、一読してから上山下さい!


2好天 


久々の青空、気持ちいいです。

”ここは白馬雪渓一里
ピッケル片手にさくさく登る
登る行手の狭霧の中で
ヤッホヤッホの声がする♪”

口ずさみながら・・・。

休憩場所


砂山もどんどん大きくなって、良い休憩場所に・・・。
しかし、愛煙家の皆さん!
山でのおタバコは、小屋に到着するまでは、ガマン、ガマン、我慢してくださいね!!!
せっかくのおいしい空気が、台無しになってしまいますから、お願いします。


大きな穴

?


不思議が二つ、写真ではわかりづらいですが、どうして出来たのか大きな穴が・・・。
もうひとつは、鳥の巣のような、小池さんの頭のような?、妙な物体が転がっている。
たぶん植物の根が絡み合ったものなのかな~?
やっぱり、山は不思議がいっぱいです。


8.13 葱平より


行列、行列・・・。


踏みつけられ


残念ですね・・・。
登山者がたくさん入ると、このようにザックやお尻で、お花を踏みつぶされているところが、いたるところに・・・。
やはり、オーバーユースなんでしょうかね?

良い子の登山者の皆さん、お疲れはわかりますが・・・。
休憩されるときは、足の下、お尻の下、ザックの下、もう一度小さな命を踏み潰していないかを確認してください。
お願いします!


旭岳

剣、毛勝3山


お天気が良かったので、久々に稜線まで足を伸ばしてみました。
お花も終わりかけ、蝶などの写真もと思って、行ってみたのですが、残念・・・。

まあ、つかの間の好天で、お花をつらつらとサムネイルで・・・。

ミヤマコゴメグサ

ミヤマコゴメグサ、稜線で頑張ってました。

チングルマ

遅咲きのチングルマ。

コウメバチソウ

コウメバチソウです。

ミヤマキオン

ミヤマキオン、ちょびっと毒草。
里に生える、山菜のハンゴンソウも仲間かな?ただ食べすぎはよくないそうですが・・・。

オクヤマガラシ

オクヤマガラシ、前にアップしたっけ?ミヤマクレソン・・・。

クロクモソウ

クロクモソウですね。

ヘソマガリ

へそ曲がりのウルップソウ?

ハイマツ花

ハイマツも赤い花を・・・。

ミドリハクサンイチゲ

前回、きれいに撮れなかった、ミドリハクサンイチゲもどうぞ・・・。


道迷い


最後に、道迷い人発見!

登山道外から、私の頭の上に、こぶし大の落石がゴロゴロと・・・。
猿でもいるのかな?
いえいえ、人でした!

”落石が人に当たれば、あなたの重大責任になりますよ~!!!”
”右側によけて、そ~っと石を落とさないように、ゆっくり下って・・・。”
叫びました!

ガスもかかってなかったし、登山者も沢山いて、誰一人迷っていなかったのに、全く信じられません・・・。
迷い人は何をしたかったのか???

たしかに、道に迷えば高いところに上がるというのは、セオリーではありますが・・・。
こんな人は、単独で山を歩いてはいけません。
沢山の人に迷惑をかけることは間違いなし、下手すれば人工落石で人殺しです!!!

せっかく、久々の好天でいい登山日和だったのに、後味が悪くなってしまいました・・・。

明日からまた、3日間ほど天気予報では雨予報です。

イヤイヤ菌、ヤダヤダ病、再発しそうです。









2014.08.13 / Top↑
35日目、郵便屋さん行ってきました。

本日は色々なことが重なり、上下山ともに時間がかかってしまい。
自宅に帰るのが、遅くなってしまいました。
ブログも、軽めにサクッと・・・。

8.12 猿倉

お盆ですね、お天気がよくなさそうですが、登山者はそこそこ多めですね。

8.12 馬尻小屋


本日は、先日一時下山した、天狗山荘のY君、N潟大のSさん、台風でなかなか上山できなかった、グリーンパトのNさん御歳61、日帰りピストン予定、猿倉荘の高校生バイトN君15歳、バラバラ寄せ集めパーティ・・・。
天気悪いのに、このパーティで無事到着できるかな~???

その上、天狗山荘は野菜切れらしく、多量の野菜ボッカ・・・。
Y君一人では、余りにも厳しいのでみんなで分けて背負うことに・・・。


8.12 本日の大雪渓


本日の大雪渓、すでに行列が出来始めて・・・。
よ~く見ると、本日のベストドレッサーの少女!
オシャレ~、決まってますね~!


馬尻ケルン


と、御一行皆さんが、アイゼンをはいてると、声をかけられ・・・。
懐かしい顔と再会、4人のファミリー登山。
旦那さんK君は、大の山好き元O池山荘の小屋番、O町登山案内人組合の山仲間、奥さんHさんは長~い長~い間、H山荘やTヒュッテで働いていた、伝説の?女小屋番・・・。

明日は、鑓温泉方面の予定だそうですが、子連れだから無理しないでね・・・。
いってらっしゃ~い、お気をつけて・・・!

再開 2再開

本日の今にも泣き出しそうな大雪渓、上部にも行列が・・・。


8.12 本日の大雪渓 2


秋道の状況です。


秋道

トラロープに沿って、右斜めに取り付いてください。

秋道 2

取り付きは、広い場所がありません。
落石を起こさないように、また落とされないように周囲に注意しながら、速やかにアイゼンを外し、移動してください。
余裕のある登山者は雪の上で、アイゼンを外してもいいですね・・・。

秋道 3

大渋滞しますし、落石や土石流の危険もあります。
本流の仮橋を渡って葱平の到着するまでは、休憩を我慢してください!

秋道 4

また仮橋は濡れて、泥がついて非常に滑りやすくなっています。
慎重に慎重に、上下山譲りあって通行して下さい。

また降雨時には、急激に増水したり、爆弾級の岩が流れてきたりもします。
上部に気をつけて、無理をしないように安全登山でお願いします。


葱平より


とうとう、雨が降りだしました・・・。
写真では、わかりづらいですが、行列がのび始めています。


ボッカ野菜ボッカ野菜 2


左が私が小型ザックに入りきらないのを、ザックカバーで無理やり押さえ込みボッカした、白菜、ジャガイモ4袋、玉ねぎ2袋・・・。
支配人Gさん、ボッカ料金別途請求しますので・・・。

なぜか、Y君長ネギを持ってご満悦!
この後Sさんがボッカしてくれた人参も背負って、天狗山荘まで稜線ボッカ・・・。
Y君、お疲れさま!

お盆の間、天狗山荘にお泊りのお客様、汗と肩こりで運び上げた食材で、天狗鍋と天狗カレーをお楽しみ下さい!!!


元隊長


下山していくと、またまた懐かしい顔と再会!

彼は10年ほど前、植物を研究する学生だったころ、グリーンパトロールに何年もきてくれた青年で、隊長もつとめたH君。
毎年仕事の合間をぬって、グリーンパト激励に上がってきてくれます。
また、グリーンパトを支援する会という、下界でのバックアップもしてくれてます。

一昔前のグリーンパトは、山が好き、動植物が好き、環境問題を勉強している、とにかく気象や雲が好き、探検が好き等々、はちきれんばかりの若者でいっぱいでした・・・。
現在は残念ながら、もちろん私も含めてですが、グリーンパトに関わる人は年配の人が多く、老人クラブのようになってきています。

若~い、元気だけなら誰にも負けない、グリーンパトロール大募集です!!!

H君、祖母谷ルート熊さんに気をつけて、いってらっしゃい!

やはり、お天気悪くってお花撮れません。


ホソバツメクサ

ホソバツメクサ、別名コバノツメクサ、キラキラ星のような可憐なお花ですね・・・。

ソバナ


ソバナ、キキョウの仲間です。


寒くわないわ~


最後に今流行の歌、アナと雪の女王から・・・。
”寒くは~ないわ~♪”

明日は、お天気回復するかな~。









2014.08.12 / Top↑
ごめんなさい、日曜日は爺ヶ岳や裏銀座登山口の信濃大町駅に、朝5:30に娘を送ってから、S友でお刺身とチーズを買い、ワインリハビリに専念していました。
台風直撃の恐怖からか、ワインが進み・・・。
結局、ブログ更新は出来ませんでした。

34日目、郵便屋さん行ってきました。

台風一過のはずが、台風一家が居座り・・・。
余波で非常にお天気が悪い!

猿倉登山相談所では、葱平の雪渓の取り付きがシビアな状態で、ガスにまかれるとルートファインディングが難しいことを、相談員Nさんが説明しているが・・・。
お客さんは、どのくらい危機感を持ってるのでしょうかね???

毎日、上下山している私でも、今日はちょっとデンジャラスだろうな~!と、ビビリ気味なのですが・・・。

元気出して、出発。


追い上げ沢


馬尻小屋下の追い上げ沢も、増水!
もっと増水して、橋が流されればザイルなしでは、怖くって渡れません。
直下が滝で、人が流されれば、蛇紋岩の天然ウォータースライダーが楽しめます。
命の保障はもちろんありませんが・・・。


8.11 馬尻小屋


馬尻小屋前も閑散としていますが、10数名は登りはじめているとのこと・・・。
ルート探せなくって、大事故が起きなければいいですが・・・。


滝

本流


馬尻小屋前は天然シャワー、本流は激流!


8.11 本日の大雪渓


本日の大雪渓、天気悪うっ!


ルートは?

案の定・・・。
わかりますかね?
ど真ん中のベニガラルートを逸脱して、杓子側を皆さん上がってます。
たいしてガスってもいないのに、一人が行くと何も考えずに後についていく、雷鳥のヒナ?のように・・・。
登山は人生と同じく、判断と選択の繰り返しです。

こんな簡単な判断が出来ない登山者は、遭難予備軍どころか、もうすでに遭難しているのです・・・。


葱平取り付き

葱平取り付き 2


葱平の取り付き部分ですが、やはりクレバスが裂け落ち、ズタズタになっていましたね!
アイゼン、ピッケルと百万倍の勇気があれば、まだかろうじて通行できそうですが・・・。
実際、早い時間帯に、数名が上下山したようでしたが・・・。

行方不明や大事故にならなくって、良かった良かった!!!

常駐隊員M、Mコンビが、早くから下りてきて秋道工作中・・・。
悪天の中、本当にご苦労様です!!!


仮橋


仮橋も、これ以上水量が増せば、流されそうな勢いで・・・。
渡る登山者も、かなりビビリが入ってる人が多い!

足を滑らせて、激流に飲み込まれれば、万年雪の下に入り込み、ほぼ見つかりません!!!


8.11 葱平より


里の天気が回復したのか、台風一家がいなくなるのを願ってか・・・。
大雪渓には、列ができ始めました。
稜線は、立ってるのがやっとくらいのビュービュー強風なんですがね・・・。


秋道へ


この写真は、葱平から見たものですが・・・。
登山者が雪渓途中より、左へ左へ曲がっていますよね。

これが現在の秋道へのルートです。
大雪渓を上がっていくと、右上部に向かってトラロープが雪渓上にのっています。
これが秋道への誘導ロープなので、決してまたいで古いベニガラ通りに進まないで下さい!!!
道を間違えると、地獄のような恐怖と天国が待っていますよ!

また、お天気になりましたら、秋道の様子をアップしますが・・・。
現在、秋道はオープンしたばかりと、大雨による浮石、浮き岩で非常に足元が悪いです!
慎重に通行してください。
そして、休憩しないで下さい。
落石、土石流の危険性大です!

お願いします!


砂山


砂山の下部が、どんどん出てきています。
ガスが濃く、ルートを見失いそうなときには、これもいい目安になりますよ~。
ここから、本峰側に右斜めに上がって行くと、秋道に取り付けます!


氷


ここ数日の大雨と、お日様が照ってないので、雪渓はツルツルになってます。
上下山ともに、アイゼンは必携ですよ~!


ミヤマハンショウヅル


天気が悪く、花や虫の写真が撮れなくて・・・。
唯一、土曜日に見つけたミヤマハンショウヅル。
白馬のお花畑では、登山道上に見ることが出来ないと思っていたら、ひょっこり咲いていました。
台風の強風にも負けず、一輪だけ残っていました。
本来、6月後半~7月初旬くらいの早い時期に咲くお花なので、今の時期にはびっくりです。


本当なら台風一過で、ドピーカンの天気を期待するのですが・・・。
台風が日本海を抜けたときは、余波がいつまでも残って、白馬岳の稜線は雨風が2日も3日も尾を引くときがあります。

なんか、明日もそんな感じですかね・・・。
いまだに長野県北部は終日、大雨、洪水、強風、雷の警報注意報です!

膝のリハビリはバッチリなんで、台風の尻尾早く、切れないかな~・・・。














2014.08.11 / Top↑
33日目、郵便屋さん行ってきました。

台風も近づいているので、いつもより早めの時間に出発・・・。
結局、小屋へ上げる新聞が届いておらず、新聞屋さんを待っている間に、いつもと同じ時間になってしまいました。


気球


八方尾根の方を見上げると、ジャンプ台の横に気球が・・・。
八方尾根スキー場、ウサギ平(通称ピョンピョン平)より上部は、厚い雲に覆われてます。


新品ミツウマ


気温も低く昨日より、雪渓が固いので、新品ミツウマ長靴で、いざ・・・!


8.9 猿倉


猿倉もさすがの台風前に、登山者はちらほら・・・。
しかし、登りたがるお客さんもちらほら・・・。

本日の夏山相談員は、元常駐隊隊長、ロウ石真理教祖Yさん・・・。
どうしても、登りたがるお客さんの対応に、大変そうでした。


8.9 馬尻前


馬尻小屋前も、さすがに寂しい・・・。


8.9 本日の大雪渓


固い雪渓も新品ミツウマなら、12本アイゼン装着のよう?


28.9 本日の大雪渓 


ボチボチ下りてくる登山者もあれば、上へ向かう登山者も???


Tガイド一向


下山して来るパーティーの先頭の方が、不意に”郵便屋さんですか~?”と声をかけられ・・・。
人見知りな郵便屋さんは、一瞬戸惑ったのですが・・・。

7年ほど前、冬シーズンに働いていた、Mスキー場のインストラクターだったYさんと再会、”ここんところ再会多いな~”。
夏シーズンは、バリバリ山岳ガイドをされてる様子・・・。

Yさん、ガイドの仕事お疲れさまです。
そして、無理せず、事故のないようお気をつけて・・・。


砂山


ちょっとわかりづらいですが、難しい言葉でモレーン、いわゆる堆積層、通称砂山の下部が出てきました。
いよいよ、晩夏から秋ですね・・・。


クラック

2クラック 


昨日、開いたクレバスですが・・・。
本日はさらに広がり、別なところにも立て、斜めに亀裂が入り始めました。

明日は台風直撃予報なんで、無謀な命知らずで、上下山するろくでもない、登山者なんていないでしょう?けれど・・・。

台風直後の葱平下部付近の大雪渓は、かなりシビアなルートファインディングを要求されるかもしれませんね!
良い子の登山者の皆様、ぐ~んとお天気が回復して、登山道状況がよくなってから、白馬岳にお越し下さい!!!


8.9 葱平より


それでも、登ってくる方いますね・・・。


東の山


台風接近の割には、東の山は抜けています。
乙妻、高妻、妙高、火打、焼岳と・・・。


下山


ごめんなさい、雨のためにどの写真もレンズが曇ったり、水滴がついたり、ピンボケだったので・・・。
余りいい写真がありません、あしからず。

頂上宿舎従業員、Tさん一時下山、Fさん終了下山、お疲れ様でした。


イワベンケイ

秘密のハクサンイチゲ


唯一撮れた、お花の写真です。
イワベンケイ雄花と秘密のハクサンイチゲです。
ハクサンイチゲは、わかりづらいでしょうから、またお天気のいい日にでも・・・。


お地蔵さん?


以前は無かったのですが、誰が立てたかお地蔵さんのような石が・・・。
場所はお花畑看板のすぐ上に、雨宿りできそうなせり出した岩があるのですが・・・。
私は、ショック爺さんの岩と勝手に呼んでおりまして・・・。
なぜ、ショック岩かと申しますと・・・。
単独爺さんが、今日のような雨の日に上山、休んだところ体が冷えて動けなくなってしまって・・・。
結局、常駐隊に背負い搬送で救助されたのですが、まあこの爺様、体が動かないのに口は達者で、救助されてる身なのにうるさいことうるさいこと・・・。
最後は、搬送休憩中に落ちてる3000円を見つけるという、オチのつく離れ業までやってくれました!!!

この、お地蔵さんもどき石は、ショック爺さんのお墓?でしょうかね。
当時、70歳過ぎだったから、今生きてられるとしたら、95歳は過ぎてるかな・・・。

もうひとつ、大雪渓中間部にある遭難碑代わりのお地蔵さん。
よく見えるように、なってきましたね・・・。


お地蔵さん


明日は、郵便屋さん待望のお休み。
そして、台風直撃!

良い子の登山者の皆さん、明日は山登り、山下りともに終日お休みですよ~!!!

郵便屋さんは、赤ワインで膝にたまった、ヤダヤダ菌の消毒をすることを誓います!


2014.08.09 / Top↑
32日目、郵便屋さん行ってきました。

本日は下界からも、猿倉周辺からも、ドヨ~ンとしたお天気・・・。

先日、天狗山荘より一時下山したS君と、常駐隊こちらもS君と三人で上山。
馬尻小屋で待ち構えていた常駐隊長に、小屋へのお土産のプチトマトやズッキーニ等々を、S君渡されて重そ~う!

S君ヘリで上がった物よりも、背中で上げたお土産は、うんと価値があって、よりおいしいものですよ~!
歩荷、ご苦労さまです。


8.8 馬尻小屋

8.8 本日の大雪渓


台風の影響で予約のキャンセルも続出、馬尻小屋前も馬尻ケルンからも、登山客はガラガラです。
せっかくの花金(死語で花の金曜日という意味)なのに・・・。


クラック


小雨の中、カッパなしで上がっていくと、葱平の取り付き手前で、昨日まで無かったクラックが立てに20mほど入っていました。
明日、あさっては台風予報・・・。

ゲリラ豪雨になれば、いきなりクラックが開いたり、下から融けて崩壊や土石流なんてのも考えられる・・・。
準備した秋道も大雨なら仮橋が流されたり、増水で渡れない可能性も・・・。
なんにしろ、明日、あさってはルート的には、かなりシビアな週末になりそうですね・・・。


8.8 葱平より


でもやはり金曜日、登ってくる方もそこそこいますね!
明日、あさっては稜線歩きの計画をされている登山者!
”危険ですよ~気温も低い、雪渓も固い、怪我しますよ~、疲労凍死しますよ~”

頂上宿舎に到着すると、パテシエGさんと下山のY君が天狗から・・・。
ひと月ちょっとぶりにあったY君、髭ボーボーでそれがまた汚い!
”君ね~山小屋も接客業なんだから・・・、髭ボーボーが許されるのは、昔ながらの山小屋の親父だけだよ~”


8.8 本日の大雪渓 3


雨足も強くなってきたので、Y君と下山開始・・・。
やはり金曜日、遅発のお客さんがまだまだ上がってくる。

どういう、山行計画なんだろう???
中には子連れも・・・。
”山の台風なめてんのか~?”って、山の神様に怒られますよ~!

雨のため余り写真も撮れなっかので、ここの所、気になってた写真を・・・。


不思議な落石


大きな岩の上に、色の違う石が・・・。
不思議ですよね?
岩の高さより雪のあるときに、落石で転がった石がとまって、雪がすっかりなくなって、そのまま鎮座したんだと考えられます。
しかし、稜線でもしばしばどうなってこの岩が?って光景が・・・。
本当に自然のオブジェは、あちこちにたくさんありますよ~、是非探してみて下さい。


落ちてきた木

落ちてきた木 2


ずっと最初のころから見守っていた、落ちてきた木ですが・・・。
最近、元気がありません!

ウラジロナナカマドですが、紅葉というよりは葉っぱが黄色くなって、枯れてきてます。
状況から考えても、どこかに根付いて再生してくれるのは無理なようです。
残念ですが、これも自然ですね・・・。


花も少ないので、本日は大画面?で・・・。


ウサギギク


ウサギギク、起毛がうっすらあり、葉っぱがウサギの耳の形に似ているところが、名前の由来だそうです。
私はミヤマヒマワリと、勝手に名前をつけていましたが・・・。


ウサギの足


そういえば、ウサギつながりで・・・。
ライチョウの学名Lagopus mutusは、冬のライチョウの足が、ウサギの足に見えることろからついたそうです。


アサツキ


葱平では、シロウマアサツキ全開で咲いています。


ミソガワソウ

ミソガワソウ白花


ミソガワソウですね、上がふつーので、下が白花です。

明日はやはり台風の影響が、特に稜線は厳しいかな~。
ヤダヤダ菌がまわった膝は、相変わらずです。

カッパ着たくないし、クラックがどう変化するのかも心配だし、秋道の沢の増水もしかり・・・。
山はお天気次第、明日は危険がいっぱい!

とりあえず様子を探りながら、郵便屋さん行ってきま~す!!!







2014.08.08 / Top↑
31日目、郵便屋さん行ってきました。

朝起きると、左の膝に違和感が・・・。
こっこっれはヤバイかも?
若いころから、サッカーで痛め、トライアスロンでイジメ、パトロールで人を背負い、酷使してきたからな~。

まあ、とりあえずいってみっかな~。
温まれば直るかもしれんし~。

里から山を見ると、黒~い分厚い雲がドーン!
急性ヤダヤダ病が・・・。

車で猿倉に近づくにつれ、稜線は抜けはじめ、白馬山荘の荷上げヘリも飛び始めました。
ラッキー、キャップにしようか、麦わらにしようか悩んでいたのですが、麦わらで出発。
工事で通行止めだった箇所も開通し、御殿場まで・・・。
”いや~車って便利ね~、一般の登山者さんごめんなさ~い”


8.7 馬尻より


猿倉もそこそこ、馬尻前も平日で閑散・・・。


8.7 本日の大雪渓


それでも、雪渓上に50人ほどの登山者あり・・・。



秋道

秋道2


大雪渓がだんだん薄くなってきているので、台風前に常駐隊さんが葱平下の秋道を整備、仮橋もかかりました。
ありがとう、お疲れ様です!

それから、写真はありませんが本日より、小雪渓のトラバース変更、葱平上部から上に向かって直登の秋道になります。
グリーンロープもグリーンさんに張ってもらいましたので、ロープをまたがなければ、迷うことはまず無いと思います。
グリーンさんもお疲れ様です。
ただ、開通直前の登山道なので、浮石が多くルートを選ぶのが少し難しくなっています。

ここで良い子の登山者の皆さんに、声を大にしていいますが・・・。
小雪渓のトラバースがなくなり、アイゼンはいらないと思わないで下さい。

今シーズンの大雪渓は固く締まった日が多く、よほど雪になれた登山者の方でないと、ベニガラ上以外は登りも下りも歩けません。
”だったらベニガラだけ歩けばいいじゃない~”なんて考えているあなた・・・。

行列になって立ち止まって渋滞してたり、道をゆずったり、そしてベニガラ上に落石が飛んできたら、アイゼンなしでもたもたしていたら、ドッカ~ンですよ・・・。

アイゼンは必携です。

私も本日、底の擦り減った長靴で下山に苦しんだ?ので・・・。
早速、下界でニューミツウマを購入しました!


グリーンお花紹介


お花畑看板付近で、グリーンパトロール隊による、写真入のお花紹介をしていますよ~。
一週間前の日付だから、そろそろ更新かな~。

お花畑で蝶々の写真を撮ろうと、四苦八苦していたら・・・。


Wカメラマン


15年ぶりくらいかな~、Wカメラマンと再会しました。
彼は、山渓や岳人等の山雑誌には、欠かせない有名山岳カメラマンで・・・。

お互いの近況や、北穂小屋情報を教えてもらったり、しばし談笑・・・。

”山はやっぱ怖いから、お互い気をつけていきましょうね~”と、お別れしました。

実は彼と私の共通の山仲間で、こちらも有名なIカメラマンが、数年前滑落し亡くなられました。
自分の庭のような北穂の南稜で、子供に道を譲ったところ、岩が抜け滑落されたそうで・・・。

山は簡単なことで、事故が起こります。
何より、人間は引力には逆らえませんから・・・。

良い子の登山者の皆さんは、道を譲るときは必ず山側に、そしてザックのスペースを考えて、お互いぶつからないように気をつけて、すれ違ってくださいね~!
安全登山、お願いします!


新館下


頂上宿舎新館下のお花畑も、最盛期ですよ~。

本日のお花~。

クロトウヒレン

クロトウヒレン、つぼみのまま咲かないのも沢山あるんです。

シコタンソウ

シコタンソウ、そろそろ終わりころかな~。

タカネイブキボウフウ

タカネイブキボウフウ、咲く前は赤紫なんですが、咲くと真っ白なんですよ~、不思議!

ヒメカラマツ

ヒメカラマツです。
カラマツソウが、うなだれたようなお花。

ハリブキ

ハリブキ、別名ジゴクバラ。
一ヶ月前に”うまそうやな~”と見ていた新芽もはや実が・・・。


オニク


最後に見つけました、オニク!
以前紹介した、ミヤマハンノキの根っこに寄生する、ちょっと変わった植物、名前も変。
漢方や焼酎付けで、強壮剤になるそうな・・・。

明日の天気予報では、台風の影響が出できそう~。

そうそう、膝?
歩いているときは、登りも下りも気にならないのですが・・・。

不思議と平らを歩くと、嫌な感じ・・・。

もしかしたら、ヤダヤダ菌が膝に回ったのかも?

明日は先日下山した、天狗山荘のS君と上山予定、下山は同じく天狗山荘のY君と下山らしい・・・。
”最近付き添い上下山、多いな~”

”こっちが介護して欲しいくらいなのに~”







2014.08.07 / Top↑
裁判所


本日、お休みして松本行ってきました。
おや?と思われる方も多いと思いますが・・・。

山の郵便屋さんは、7.月8月限定のお仕事、また冬はスキー場でお仕事、もちろんそれだけでは食べていけないし、家族も養っていけないので、春3ヵ月半、秋2ヵ月半、計半年間、とある企業で農作業のお仕事を毎年17シーズンもの間、働いてきたのですが・・・。

ある年の秋、何の前ぶれや大した理由も無く、”雇わな~い!”と言われてしまったのです!

よく、山の上でパトロールや郵便屋さんの仕事を、”いいわね~、こんな別天地でお仕事できて~”なんて、言われますが・・・。
実際はアルバイト、いわゆるフリーター、日雇い労働者、一日一日働かなければ収入はありません。

また雇用保険や、厚生年金、有給休暇もボーナスないし、病気や怪我をすれば、たちまち収入がなくなってしまうのが現状です。

アルバイト、派遣社員、パート、季節労働者は、雇う側から”いら~ん”といわれれば、いきなり無職になってしまう弱い立場なのです。

元来、私は働くことは好きですし、大きな病気も無く、健康にこれまで生きて来れました。

事前に納得のいく説明や、話があっての解雇通告というか、雇わない通告があれば、争うことなどしたくなかったのですが・・・。
相手側が、余りにも理不尽な態度だったので、弁護士さんに相談、調停を経て裁判で係争することになりました。

日本は豊かで平和な国、法治国家なんていわれてますが、非正規雇用やシングルマザーなど社会的に弱い立場の人間には、決して優しい国だとは思えないのは、私だけではないでしょう・・・。

以前、”フリーター家を買う”なんてドラマがありましたが、私も奥さんとコツコツと働いて家を買いました。
”元気があれば何でも出来る~”
”フリーターだって、お金持ちにはなれないかもしれないけれど、人並みに生活できて、ささやかで幸せな毎日をおくりた~い!”

弱い立場の方、こんな私に共感できる方、応援してください!

もちろん今日の日当はゼロですが、人生において、なかなか経験できない一日だったので、それもよしですかね・・・。
ただ普段体ばかり使っているのに、久々に頭をフル回転?させたので、脳みそが湯気をたてています!

明日から、山の郵便屋さん再開します。

お口直しに?ちょといい雰囲気の画像なんかを・・・。


熊ウンチ


熊のウンチです。
お口直しになりませんね、失礼しました・・・。
たまに湯気出ているウンチに、出くわすことも・・・。


ご来光

ご来光。

ブロッケン

ブロッケン現象、ドイツ中北部ハルツ山地の最高峰であるブロッケン山(1142m)でブロッケンの妖怪と呼ばれてたそうです。

夕日 剣、立山

剣、立山に沈む夕日です。

天気予報はよくなさそうですが、晴れて欲しいな~!


2014.08.06 / Top↑
30日目、山の郵便屋さん行ってきました。

昨日、もらった山登りミュージシャンのステッカーをヘルメットに貼って、いざ・・・。


ステッカー


今日は頂上宿舎、短期バイトのM君と上山、なんと彼はフランス生まれ、フランス在住の日本人。
お父さんが有名な画家さんだそうだ・・・。

山のアルバイトも国際色豊かで、おもしろいですね~。

例によって、M君とウダウダ無駄話しをしながら、上山。
日本語の話せる外国人と会話しているようで、感性や感覚、習慣の違いがあって、非常に面白く楽しかったな~。
標高が上がるにつれ、きつそうだったので、小雪渓トラバース終了後、置いてきぼりにしてしまいましたが・・・。


バイト M君


本日は昨日と同様、11号12号台風の影響か、ドヨ~ンとした湿ったガス、ガス、ガス。
M君と二人でTシャツ姿で登っていると、お客さんから”大丈夫?”と心配される。
私、”晴れることを願って、Tシャツで登っているんですよ~”と、やせ我慢!

しかし、願いもむなしく一日中ガスだらけのお天気でした、残念!
写真もピンボケのような写真ばかりになってしまいました。


8.5 馬尻小屋

真っ白け

ほんとに、こういう日の落石が怖いんですよね・・・。
M君と話しをしながらでも、落石アンテナはピリピリ!


8.5 葱平より


真っ白けの写真しかないので、ちょっと違う写真を・・・。


ゴミ? 2

ゴミ?


お花畑下部にある、大昔のゴミなんです。

今から50年以上も前、まだヘリ輸送が盛んでなっかたころ、歩荷(ボッカ)さんが食料や飲み物を背負って運んでいたのですが・・・。

簡易リフトのようなもので、荷運びもやっていたそうで・・・。
その当時のワイヤーやドラムの残骸なんです。

どの辺りから、どれくらいの荷物を運んでいたのか、詳しくわからないのですが・・・。
また、よくご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください!

そういえば、燕岳の合戦小屋には、荷運びのリフトが現役で動いてますね。


岳


これは常駐隊のユニホームですが・・・。
3シーズン前から、長野県が財政難からミズノさんにスポンサーを頼み、隊員のウェアーやカッパを提供してもらっています。
そこで、漫画の岳(ガク)人気にあやかって、主人公である島崎三歩君のロゴを張り付けて・・・。

私も、岳はどこの山小屋にもあったので、全館読みましたし、うちの子供が通っていたO北小でロケがあったので、映画も見ました。

冬山や8000m級での単独救助活動など、”ありえ~ん!”と思いながら、三歩君のスーパーマンぶりに笑ってしまいましたね・・・。

岳人気で若い登山者が、山に来てくれることは非常にありがたいのですが・・・。
いくつか、困ったことが・・・。

まず一点、主人公の三歩君は、いつもテント指定外天幕者です。
良い子の登山者の皆さんは、まねしないで下さいね、国立公園法違反です!

もう一点、ソロテントが流行で、5人パーティで来たのに、5張りのテントを張るなんてのが、増えてます。
テント生活は”せまい、くさい、でも和気あいあいで、楽し~い”なんてのは、古いんですかね?
土日になると、とにかく各山小屋のテント係りは、ソロテントであふれかえり、張る場所が無くって困り果ててます。
グループソロテントは、特に込み合うときにはご遠慮下さい!

最後に山岳救助隊や常駐隊は、三歩君みたいな超人ではありません。
生身の人間なんです。
ヘリ救助も万能ではありません。
実際、高所でのひとつの救助が終わると、隊員はへとへとに疲れてしまいます。

あくまで岳は、漫画の世界です。
良い子の登山者の皆さんは、安全登山を心がけ、安易な救助要請などないようにお願いします!!!


元猿バイトA君


下山を始めると、見たことのある顔が・・・。
男の子なのに抱きつかれてしまいました。
昨シーズン、猿倉荘で小屋番をして、毎日カキ氷をつくってくれたA君。

ガイドになりたいと、念願の妙高にあるアウトドアの専門学校に入校できたそうです。
良かった、良かった!

未来の国際ガイドかな~、しっかりね~、お気をつけて~!

湿度100%で撮ったお花をつらつらと・・・。

タカネナデシコ

タカネナデシコ、秋の花ですね・・・。

チシマギキョウ

チシマギキョウも濡れ濡れ。

タカネスズメノヒエ

ちょっとマニアックに、タカネスズメノヒエ。

アオノツガザクラ

アオノツガザクラですが、ツガザクラというピンクのお花に対して、アオといっているのでしょうか・・・。
私には黄色か、黄緑にしか見えませんが・・・。

ミヤマアキノキリンソウ

ミヤマアキノキリンソウです。

イワオウギ

ほんとに岩の間から咲いていた、イワオウギ。

キバナノカワラマツバ

咲き始めるのを待っていて、なかなか咲かなかったのですが、ようやくのキバナノカワラマツバです。

ガスガスの大雪渓を下山していくと、膝カクカクの単独年配男性登山者・・・。
シリモチをついても、自力で立ち上がることも厳しい様子・・・。

”座り込んでいると、落石頭に直撃ですよ~、やっぱ単独はよくないですよ~、今日は馬尻小屋に泊まって、明日ゆっくり再度、下山してくださいね~”

常駐隊なら腰にロープまいて、通称猿まわしで下山してもらいますが、私は救助引退の郵便屋さん・・・。
とりあえず、ザックは馬尻小屋まで運んであげましたが、無事小屋までたどり着けたかな~?
ちょっと心配ですが・・・。

馬尻小屋まで下山してきた、こちらは御歳72歳でも健脚のMドクター、お疲れ様でした。
医大さんのドクターで白馬岳まで、元気に上山されている中では、最高齢ではないかと・・・。

師匠ケンゾーさんの話などをしながら、また来夏の再会を約束して、Aホテルまで送迎しました。
都会まで、お気をつけて~!


氷


ここ数日、日が当たらないため、大雪渓、小雪渓ともに雪が固く締まった状態です。
各所に凍って、ツルツルになっているところもあります。
登山者の皆さ~ん、アイゼンは必携ですよ~!

私、明日はどうしても外せない用事があり、知人のYさんに郵便屋さん代理お願いしました。
このYさん、60歳半ばですが、一日一食しか食べないのに、毎日20~25kmものランニングを欠かさず行っているという怪物で・・・。
飴玉10個持って、冬の五竜岳を日帰り登山なんて平気で行ってくる・・・。
世の中にはすごい人がいるもんで、代理適役ですね・・・。
おねがいします!

というわけで、ブログのほうもお休みをいただきます。
あしからず・・・。

明日こそ、晴れますように・・・。








2014.08.05 / Top↑
29日目、郵便屋さん行ってきました。

”週明けなんで元気よくいくぞ~”という思いと裏腹、お天気はドヨーン。
今にも降りだしそう・・・。

道路工事の車両通行止めが続いているので、林道半ばよりスタート。
ボケーっと人口滝を見て”すごい水量~”って感心していると・・・。
土曜日にすれ違った大きな荷物のおじさん、早々と下山してきました。
いったい、どんな行程だったんだろう?ま、いいか~。


滝


とぼとぼ上がっていくと、でっかいテント・・・。
一応そこはテント場じゃなく、2007年より休業の後、廃業してしまった村営白馬尻荘の跡地でして・・・。

私にとって、個性的な大先輩の小屋番の面々から、いろいろなことを教わった、大切な山小屋だったのですが・・・。
いつの日か白馬大フィーバー(死語ですな~)になって、再営業なんて夢の夢か~・・・。

下山時にテントをたたんでいましたが、一組のカップルのみ・・・。
二人だけ???


テント


さすがに月曜日、お客さんは少ない?


8.4 馬尻小屋前

8.4 本日の大雪渓


少ないと思っていたら、結構いましたね~。
上下山で行き会った感じでは、350人くらいはいるかな?
ちなみに土曜日は、大雪渓ルートのみで約1000人、日曜日は500人と・・・。
結構な登山者が、上山してる割には、大きな事故や死亡事故がなくて、今年の白馬は平穏でいいですね・・・。

ただ、こまごましたプチ遭難や、バテコン(ばてて疲労困憊)、病人と、常駐隊と医大さんは大忙しのようです!
お疲れ様です!


8.4 葱平より


三号の壁を登るころから、濃いガスから霧雨になり、とうとう雨に・・・。

今日は脚の早い人が二人、すごいスピードで追い抜いていきました。
一人はカッパも着ないで、短パンに帽子もなし、欧米人パターン?
もう一人はトレランシューズをはいた、ランナータイプ。

マイペースで行くと、欧米人タイプの人は力尽き?雪渓の途中で横目で軽くパス・・・。
ランナータイプの人は、何とか頂上宿舎で追いつきました。

振り返ったランナータイプの人は、負けじとダッシュして山頂方面に消えていきました。
晴れてたら付き合ってあげたんだけどな~。
私もそうですが、かなりの負けず嫌いのようでした・・・。

おかげで天候が悪いにもかかわらず、御殿場から2.:15と好タイムで上山できました。
ありがと~ランナータイプさん!


8.4 葱平より 2


下山は常駐隊のM君とN潟大のSさんと、さらに濃くなった大雪渓を下山しました。
落石がきても、間近にならないとわからないくらい濃いガスなのに・・・。
三人で下りれば怖くない?
馬鹿っぱなしをウダウダ話して歩いていると、現れました”ギター侍”、いやいや山登りミュジーシャン!


山登りミュージシャン登場

山登りミュージシャン登場 2


山登りミュジーシャンさん、ステッカーありがとう~!
山の郵便屋さんのヘルメットにステッカーチューンしますからね~!

悪天候にも負けないで、歌いまくってくださいね~!!!

最近の若者、とりわけ山岳部やワンゲルの子達はこじんまりまとまって、馬鹿をやるのがいなくなって寂しい限り・・・。
本当に昔はハチャメチャなのが、多くって楽しかったのに・・・。

山登りミュジーシャンさん、ハチャメチャ菌ばら撒いてくださ~い!
と、お気をつけて・・・。

山登りミュジーシャンさんの勢いで、写真はみ出てますね・・・。

山登りミュージシャン


本日は雨のため、花の写真が撮れませんでした。

蝶々の写真を数枚アップしますが・・・。
antさ~ん、写りが悪かったり角度が悪いので、穴の開くほど見なくっていいですよ~!
あくまで目の保養程度で・・・。


タマガワホトトギス

タマガワホトトギス咲き始めました。

シロチョウ

蝶々

蝶々2


チビッコ


馬尻小屋に下りたら、チビッコ達でにぎわっていました。

明日はフランス滞在が長く、日本語よりフランス語のほうが得意という学生君と上山予定です。
カッパは着たくな~い!!!





2014.08.04 / Top↑
28日目、郵便屋さん行ってきました。

お天気もよく、お客さんも大入り状態・・・。

郵便屋さんは、朝刊配達もサービス、長野県人がこよなく愛する、信濃毎日新聞!
上高地の鹿情報が・・・。
私もこちらに来て知りましたが、田舎には夕刊てのは存在しないんですよ~。
良かった~、夕刊も届けるなら、二往復になってしまいますから・・・。


朝刊

にぎわってますね~。

8.2 馬尻小屋

8.2 本日の大雪渓


本日は、短期アルバイトの天下のK大学生Y君、就職も決まっていて山生活を満喫しに上がって来ました。
体力のあるK君と無駄話をしながら、行列をどんどん抜いていく・・・。


行列


出ました、サンダル君!


サンダル

冷たそう~!

2サンダル


本人曰く、涼しいとのこと・・・。
なんか、冬用登山靴で爪を傷めたとか・・・。
変えの履物はなし・・・。
ほんとに冬山やってるの~?って風貌でしたが・・・。

”君は山で死ぬタイプだね~”、言っちゃいました!

馬尻で常駐隊長に報告すると、かなり心配してましたが・・・。
私的には、”どうぞお好きなように~”ですがね・・・。

ただ、良い子の登山者の皆さんは真似しないで下さいね、以前から言っていますが、登山に適さないサンダル、運動靴、長靴等は山岳保険が下りないものが多いのです。
本日も、長靴登山者が何人かいらっしゃいましたが・・・。

もちろんサンダル君は、無保険です。
遭難すれば実費でど~ぞ!

ちなみに、私は業務用の山保険なので、長靴でも大丈夫ですよ~!


8.2 葱平より


行列はどんどん長くなり・・・。
前から気になっていた、いつ誰かが誤って人落を起こさないかと、心配の石がこちら・・・。


落石まじか


おね~さん、左手注意!!!

この後、常駐隊M君によって撤去してもらいました。


小雪渓下れず


本日の大雪渓上山、ざっと見積もっても800人ほどは・・・。
さっさと郵便物を受け取り、初恋の味カルピスと早昼を頂いて、早々と下山開始。

小雪渓で、早くも下山不能!!!
雪の固さからいけば、ステップのないところでもトラバれそうだし、”えいやぁ~”と直滑降もできそうですが・・・。

転んだら恥ずかしいし、何より大騒ぎしたり怒る登山者もいるし、マネして滑落する人が出てもこまるので、ぐっとぐっと我慢!
いつもは5分で下る小雪渓が、30分ほどかかりました。


旗なびかせて~


大雪渓下りていくと、旗をなびかせて~。


重そうな荷物


重そうな荷物、「一月くらい入るんですか?」聞いてみると・・・。
「とりあえず、白馬まで・・・」と返事。

全く無計画なんだろうな~。
たぶん登山届けもちゃんと出しそうにないタイプ・・・。

完全なる単独行方不明者予備軍、そして天幕外テント常習者のにおいプンプン!


親子連れ


夏休みの親子連れ、7歳の男の子を先頭に、お姉ちゃん、お母さんの3人パーティ。
3号の壁で落石がきたら、見えない避けきれない斜面だからと、おせっかいが出てしまって・・・。

「雪が緩んで落石が怖いから、もっとお子さんと離れずに固まって歩いたほうがいいですよ~」

お母さんにムッとされてしまいました。
おせっかい、言わなきゃよかった!

先日から親子連れは同じこと言ってますが、子供はアイゼンつけても、今日のお母さんもノーアイゼンでした。

私の個人の感想ですが、大雪渓ルートの子連れ登山は、非常に厳しくリスキーではないでしょうかね・・・。

今日は標高高めのお花を・・・。

イワオウギ

リシリオウギ

タイツリオウギ

イワオウギ、リシリオウギ、タイツリオウギ、白馬白色オウギ三連発、前回アップしたシロウマオウギと4種類、見分けがつきますかね?

タカネアオヤギソウ

タカネアオヤギソウですね。
よく似たタカネシュロソウも、良さげなのを探しておきますね・・・。

イブキジャコウソウ

イブキジャコウソウです。
里のカワラジャコウソウの高山種だそうですが、お香のような怪しい香りが・・・。
昔の人は、枕にこの香りをしこんで、ちょっと淫靡な夜を・・・。

ウラジロタデ

ウラジロタデ 2

ウラジロタデも数日中に開花。

ウルップソウ 

遅咲きのウルップソウも・・・。

ハクサンフウロ

シナノキンバイ

ちょっと変わったのを二枚!

サカハチョウ


自信ないけど、サカハチョウでいいですか?


何カミキリ?


もうひとつ、これって何カミキリですか?
背中の目みたいなのが、すごく特徴的ですが・・・。
どなたか、ご指導くださ~い!

今日は、上山も下山も太鼓もち、いやいやボッカ部隊つきの大名登山、医大の女大御所Kドクターの下山日でした。
余りにもドクターお疲れのご様子でしたので、送迎車をご用意お待ちしてました・・・。
1時間待ってもお見えにならないので、お迎えに・・・。

堂々たる風格、また来シーズンもお待ちしております!
お疲れ様、医大K君!

* 明日は郵便屋さんは休みですが、所用が多くブログ更新できません。
  ごめんなさい~!

* ant様から助け舟がありました。
  カミキリ虫の名前は、マヤサンコブヤハズカミキリという、舌をかみそうで一度では覚えられない
  程の長い名前でした。
  
  ant様ありがとうございました~!













2014.08.02 / Top↑
27日目、郵便屋さん行ってきました。
一ヶ月が終了、本日より折り返しとなりました。

午後より天気が、悪くなる予報・・・。
信号待ちでパチリ、まだ大丈夫そう?


里より


白馬遭対協、夏山登山相談所、一昔前は補導所という名称でしたが、今はソフトに相談所です。


相談所


金曜日の割には、多くない登山者・・・。
台風警戒かな?


猿倉


8.1 馬尻小屋前

8.1 本日の大雪渓


やはり、そこそこの登山者数・・・。

雪渓の状態もよく、固すぎずやわらかすぎず・・・。

登っていくと秋のような、高層雲に飛行機雲が早くも流れはじめる・・・。
こりゃあ~くずれるな~!
急ごう!


飛行機雲


葱平取り付きの秋道も、クラックが倒壊してだんだん出てきました。



2秋道クラック 


葱平上部ですが、キンポウゲ、キンバイの黄色のお花真っ盛りです。

先日、とある女性登山者、ロープを越えてズカズカと・・・。
どうやらお花摘み(おトイレ)のようだ・・・。
そちらは残雪もあって危険だし、逆に丸見えですよ~!


キンポウゲ、キンバイ花盛り


上がっていくと、熱心にグリーンパトさんがロープの整備中。
毎日、何十何百人というお客さんがグリーンロープを引っ張り、またしがみついて・・・。
ロープはたるみ、杭は抜けたり曲がったり・・・。

良い子の登山者の皆様は、引っ張らないで下さいね・・・。
危険ですし、毎日グリーンさん大変なんですよ!

落石に座る人と同様、マナー違反です。
見つけたら登山者同士、声かけあってください。
お願いします。


グリーン


ただ、グリーンパトさんにも分別くさく、郵便おじさんは注意してしまいました。
”熱中症予防と頭部保護に帽子かヘルメット、作業時には手袋だよ~ん。”

そう考えれば、私の麦わら+ヘルメットは理にかなってる・・・。
本日、白馬尻にて待機中の県警山岳救助隊員にも、”いいですね~”とお褒め?の言葉を頂きました。
ただ、県警救助隊では採用してもらえなさそうですが・・・。


バイト下山


天狗山荘のSさん期間終了で下山、有機農法を勉強するH大学院生、元気元気!
一方、頂上宿舎のこちらもSさんは体調不良で下山、彼女登山経験なしで、3週間前には必死のパッチで(関西人か年配者しか使いませんが・・・)、大雪渓を上がったんですが、残念ですね・・・。
SpO2(血中酸素濃度)が92で頭痛が続いていたから、つらかったでしょうね・・・。
ところが、下山してくると頭痛は消え、元気元気。

高山病とまでは言わずとも、体調不良と高度障害が重なっていたんでしょう・・・。
ただ、下山に気力体力を、使い果たし太ももプルプル、膝カクカク。
明日、あさっては階段も下りれない、筋肉痛まっしぐら間違いなし。

医大のMドクターとも合流、女子3人との山歩き、もう死ぬまでこのシュチュエーションはないな~!
郵便屋さんは冥土の土産になりました~!


プルプル


延命の水を汲んでいるSさん、脚プルプル状態、静止画なのが残念ですが・・・。

本日は標高の低めのお花を紹介。


ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリです。

マタタビ

マタタビ、家の猫にもプレゼントすると、合法ドラッグ?狂ってます。

ノビネチドリ

ノビネチドリですね、馬尻小屋の近くで見つけました。

ハクサンオミナエシ

ハクサンオミナエシ、別名コキンレイカ、好きな花です。

ギボウシ

ギボウシですが、イワギボウシですかね?

マルバタケブキ

鹿も食わないマルバタケブキ、鹿は南アではトリカブトまで食べてると聞きましたが・・・。

シロバナノホタルブクロ

シロバナノホタルブクロ、葱平付近で見られるようになれば秋ですね・・・。

コオニユリ 2

コオニユリです、オニなんて気の毒な・・・。

ヤマブドウ

コオニユリの隣はヤマブドウ、香りのいい新芽や葉っぱ・・・。
晴嵐荘という山小屋では、昔この葉におにぎりを包んで、いい香りだったな~。


おむすび


最後におにぎりで思い出したのですが・・・。
今朝、天狗山荘手作りケーキのお返しにと、コンビニに寄って、お菓子300円(遠足バージョン)買いに行ったとき・・・。
高2の娘が買ったおむすびが、これ!

山をウロウロするばかりでは、コンビにも行かないし・・・。
世の中知らないうちにいろんなものが、出来てるのね~。

今、も遠雷がなってます。
山はお天気次第、明日は回復してね~!

今、連絡がありました。
明日は、男の子のバイトさん連れて上がるとのこと・・・。
う~ん、お天気心配です。












2014.08.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。