上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
46日目、郵便屋さん行ってきました。

朝から雨降り、へこむ~!
ふと道の駅で、野宿の自転車旅軍団にいやされる~。
今日のテーマソングはスタンドバイミーで行こう!


自転車旅


とりあえず、カッパの下だけはいて出発するが、馬尻小屋到着で観念?して、上下フードもかぶり再出発。

ここで、ヘルメット愛好家の方にお聞きしたいです。
私はキャップ、フード、ヘルメットの順番でかぶりますが、ヘルメットの上からフード派の方もいらっしゃいます。
なんかフードが引っ張られ、首が固定されて、肩がこりそうな気がするんですが・・・。
私の場合、オプションでキャップのつばに、洗濯ばさみでフードがひらひらしないように固定します。

なんにしろ雨降り登山は、不快感が満載ですね・・・。
何か不快感を失くす、いいアイデアをお持ちの方、募集します。


8.25 猿倉荘

8.25 馬尻小屋前

8.25 本日の大雪渓


猿倉には、ちらほら登山者がいましたが、大雪渓を上山する人は私のみ?

下山者は15名ほどいましたが・・・。

カチカチの大雪渓に、ノーアイゼンの下山者、牛歩です!

ノーアイゼン


雪渓は生き物です。
特に今シーズンの大雪渓は、例年に無く固くしまっている日が多いです。
アイゼンは必携ですよ~!


秋道

秋道2

クレバス


先週からトラロープをまたいで、穴の開いた雪渓を歩く人が続出し、危険と判断した常駐隊が、ルート変更をしました。

馬尻ケルンから杓子側、上を向いて左側のトラロープに沿って、秋道を進んでください。
200~300m進んだところで、雪渓の上を歩くので、アイゼンを装着してください。

途中、何箇所か土石を乗り越すところがありますが、道自体がゆるんでいたり、泥の下がツルツルの氷になってますので、慎重に通過してください。
クレバスも今のところまたげますが、くれぐれも慎重に・・・。
時々ストック等を落とされる方がいますが、超長々マジックハンドでもない限り回収できませんので、お気をつけ下さい。

雪がたくさんあるので、馬尻ケルンから歩こうとする登山者もいるかもしれませんが、一人が足跡を残せばそれにつられる人が続出します。
決してロープをまたいで、雪渓を歩かないで下さい!
一番最初に歩いた人の後に、事故が起きれば、最初の人は遭難幇助のようなものですよ~。
マナーを守って、みんなの安全登山に努めてください。
お願いします!!!


8.25 葱平


葱平に着くころに、雨が少し筒ずつあがって来ました。
この時点で、上山者はゼロ。


オブジェ倒壊


先日アップした、雪のオブジェも倒壊し始めました。
いつ大きく崩れるか、わかりませんので、くれぐれも興味本位で近づいたり、水を汲みに行こうとしたりしないで下さいね・・・。
お花摘み、キジ撃ちも危険です。


岩ゴロン岩ゴロン2


頂上宿舎から100mほど下った登山道に、直径1m50くらいの岩がごろりと抜け落ち、道をふさいでました。
常駐隊M班長が、山土方工事で迅速に対応してくれました。
私が下山する頃には、この通り・・・。
M班長、お疲れ様、ありがとう~!

登山者が通行時に転がらなくて、本当に良かった!
山は危険がいっぱいです!


岩ゴロン修復


少しですが、お花とその他を・・・。

タカネシオガマ

タカネシオガマですね、白馬岳は圧倒的にミヤマシオガマが多いので、気づきませんでした。
ミヤマは葉っぱが細かく切れ込んでいるので、ギジャミヤマシオガマなんて、覚えかたしてましたね・・・。

ミヤマアケボノソウ

ミヤマアケボノソウですね、どう見ても仏壇に飾れそうな花なんで、葬式花なんてね・・・。
珍しい白花も昔あったのですが、最近は出てこなくなりましたね~!

ミヤマホツツジ

ミヤマホツツジです。
似たのにホツツジがありますが、違いは雄しべがまっすぐなのと、ミヤマは上に向いてる違いだけなんです。
どっちでもいいような気もしますが・・・。

ナメクジ君

ナメクジ君、たくましい生命力ですね・・・。

カヤクグリ

カヤクグリですね。
白馬岳のブタイワヒバリ?いやいや可哀想なんで、オオイワヒバリ?より、小柄ですね・・・。


天狗S君


本日は、天狗山荘終了のS君と下山、S君、お疲れ様でした!
本業のアウトドアライターに戻るそうです。
皆さん、老舗自転車雑誌、Sクルスポーツをよろしくお願いします。

雨男、いやいや嵐を呼ぶ男?S君が下山したので、明日からはドピーカンかな?

カッパ着るのヤダ~!





スポンサーサイト
2014.08.25 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。