上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8/14、39日目の郵便屋さん、行ってきました。

本日は、久々の雨のため?
デジカメが全く起動しなくなり、写真は一枚も撮れませんでした・・・。

昨日と同じく、カッパを着るほどの雨ではなかったのですが、西の空を見るとどんより・・・。
カッパの下だけをはいて上山、三号の急斜手前で雨足が強くなって、カッパ上下にフードも・・・。

本日、下山バイトのプチ漫画家M君、かなりの雨男らしい・・・。
頂上宿舎に近づくほど、雨の降りが激しくなってくる。

私が食事をしている間に、人気者M君、大勢の小屋番に見送られながら、ひと足さきに出発・・・。
とたんに雨は止み、薄日もさしてくる・・・。
M君出発の30分後、追いかけて下山し、葱平上部でM君に追いつくと、あらら不思議またまた雨が・・・。
”おいおいM君、どんだけ山の神様に見放されてるの・・・?上山日もヘリ上山だったのに、ヘリが飛べなかったし・・・”

結局、雨の中をヘロヘロになりながら下山し、下界につくとまたまた不思議?サンサンとお日様がさしていました!
”M君、よっぽど山の神様に失礼な言動を・・・?”
”まあ、無事下山できたので、よしとするかな~!超大作の漫画を描いて、売れっ子漫画家になってくださいね~!お疲れ様でした!”

写真がないので、郵便屋さんスタート直前に買った、グッズでも使用レポートを・・・。

CWX

6/15に山に入り、膝の調子を探っていたのですが、一向によくならないので、保険にCWXの膝用サポーターを購入しました。

CWXが出始めたのは、15年位前だったかな・・・?
当時は筋肉をサポートするタイツでは、画期的な商品で・・・。
自分自身、若かりし頃、トライアスロンをやっていた時に、自転車用パンツや長タイツなどを使っていて、ある程度の締め付け感が、筋力を助けパフォーマンスを向上させることは、実感していたんですが・・・。
山の世界に入ってからは、昭和親父の感覚?
”そんなものの助けを借りて、山を上がるくらいなら、大腿四頭筋しっかり鍛えてから上がってこいや~”と、おもっていただけに、さすがに自分が買うのには、少し抵抗がありましたね・・・。
しかし、なかなかピンチヒッターのいない、郵便屋さんのお仕事に穴を開けるわけにも行かないので・・・。

というわけで、7月に2~3回使ってみました。
登りでは歩いていると、だんだんしわが寄ってきて、違和感が・・・!
下りは、変な風に足をついたときに、安心感はあるのですが、なんかぎこちのない歩き方になってしまって、リズムが取れない・・・!

で、結局はいつも保険として、ザックに入れて毎日、上下山しています。
よっぽどの痛みがはしらない限り、自分の膝と大腿四頭筋を信じて、使うことはないかもしれません・・・。

ただ、膝がカクカク大笑いしている登山者には、かなりの救世主になるかもしれませんね?
CWXでも、長タイツや7分タイツだと、ズボンを脱いでまたはいてと、大変面倒くさいですが・・・。
このサポーターだと、服の上からでも装着可能ですし、膝のややこしいテーピングをするよりも簡単で、スピーディでいいのでは・・・?

膝に不安な登山者の方には、このサポーターを二枚持参されることを、お勧めしますよ~!

操体法

で、現在の私は、お風呂の中での独自の湯トレッチ、ブログを書きながらのアイシング、燃料補給をしながらのテニスボールストレッチ、そして操体法・・・!

この操体法というのは、私の尊敬する橋本敬三さんが考案された、痛みから楽な方向に身体を動かすことにより、身体全体のひずみをただしていくという画期的な体操で・・・。
子供からお年寄りまで老若男女、誰にでも無理なく続けることで、回復していくという素晴らしいリハビリ法です!!!

腰や膝、肩などの痛みでお困りの方、是非是非、お勧めですよ~!

最後に、烏帽子・野口五郎小屋の荷上げ日に撮ったヘリの写真を・・・。
なかなか、細部まで見ることができないでしょうから、どーぞ・・・!
東邦航空、アエロスパシアル式AS350B/B2エキュレイユという機体です。

ヘリ1

ヘリ2

ヘリ3

ヘリ4

ヘリ5

ヘリ6

B2.jpg

ジェット燃料

昔のCMでありましたね・・・。
”車はガソリンで動くのです”
”ヘリコプタはーは、ジェット燃料で飛ぶのです”
聞くところによると、ジェット燃料は灯油にかなり近い燃料だそうですが・・・。
マニアの方、間違っていたらごめんなさい・・・。

明日は、お天気回復傾向ですね・・・。
こちらも燃料補給を・・・!


スポンサーサイト
2015.08.14 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。