上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8/17、41日目の郵便屋さん行ってきました。

昨夜から降り出した雨は、まったく止む気配なし・・・。
白馬村の空も真っ暗、ヘッデンいる・・・?

結構な降りなので、長走沢の手前に車を停めて出発・・・。
”あんまり登りたくない気分・・・”
しかし、短期バイトさんの下山もあるし・・・。
馬尻小屋のJ支配人に、”と・り・あ・え・ず、行ってきま~す”と声をかけ、雪渓を歩き始めると・・・。
普段は崩れない斜面の、あちこちからガラガラと・・・。

”なんか今日は、かなりやばい日だな~、速攻上下山あるのみ・・・”
アンテナびんびんで、濃いガスの中をスピードアップ・・・。
雪渓はかなり固く、締まっている!

10人ほどの登山者を抜いて、2号の出会いを過ぎたときに、杓子側から30~40cmくらいの落石が・・・。
約20m間隔で、バラバラに歩いていた3人ファミリー登山の、子供の方に落石が向かって来たので、郵便屋さんも大声で、”うえ~うえ、上を見ろ~!”と叫びました!

運良く、落石のコースが変わって、石のほうからベニガララインを外れていったので、ほっと一安心・・・。

その後、5分ほど上がっていくと、女の人が雪渓で横になって、男の人がなにやら足首を手当てをしている・・・?
”どうしました?”
”落石に当たりました、たぶん折れていると思います”

手当てしていたのは、ガイドさん・・・。

”ここは危険だから、処置したらすぐ出発だよ~、とっつきまでお客さん背負って~”

ガイドさんのザックと、怪我人のザックを背負って、普段、葉書しか持たない郵便屋さんは、固い雪渓をヨタヨタと・・・。
心の中で、”重~い!腰痛い~!”と、弱音を吐きながら・・・。

取り付きに到着すると、別のツアーで上山していた、元常駐隊員のガイドAさんと、山ガールのカリスマ?ガイドTさんが、怪我をしたツアーのお客さんを動揺させないように、とりまとめていてくれました。
そして、二人のガイドさんが、自分達のツアーとガイド不在のツアーと統合して、山行を続けてくれました!
山仲間の暖かい絆ですね・・・!

”Aガイド、Tガイド、的確な判断さすがです!、お疲れ様です!”

Aガイドが、”この上にも救助要請をしている怪我人がいるそうなんですよ~”

5分ほど上がると、いました。
転倒時に腰を強打、頭部に切り傷を・・・。
同時多発遭難です・・・!

仲間のもうひとりが、冷静に適切に処置をしていたので、”もうじき常駐隊が来ますからね~”と、声をかけておきました。

しばらく上がると、常駐隊員白馬班2名が下りてきたので、簡単に状況を報告して、なーんちゃっては郵便業務に戻り、上山を続けました。

断続的に雨足が強くなるので、ご飯もそそくさと食べ、バイトさん2名と早々に下山・・・。

怪我人二人は、自力歩行ができない、ヘリも飛べない状況で、搬送応援の救助隊員を来るのを、介抱されながら待ち続けていました。
寒くって気の毒だけど、悪天候時の遭難救助というのは、人海戦術に頼るしかないので、時間がかかるんですよね~!

その後、山岳救助隊3名と常駐隊隊長も、大雪渓を現場へと上がって行きました。

皆さん、大変お疲れ様です・・・!

というわけで、大雨、事故多発、バイトさん下山のバタバタで、一枚の写真も撮れませんでした。

ストックの中から、珍しいお花を・・・。

ミヤマシオガマ白

ウルップソウ白

オヤマノエンドウ白

シロバナ三連発です・・・。

ツマトリソウ二輪

ちょっとピンボケで残念ですが、ツマトリソウの二輪花・・・。

タカネグンナイフウロ

ミヤマハナシノブ

白馬岳には見ることができないんですが、富山県側清水尾根に行けば、なぜか沢山あるのです・・・。

クモマグサ

クモマグサ八重

場所は絶対の秘密です!
ノーマルのクモマグサでも、見つけるのは厳しいんですが・・・。
八重咲きのクモマグサ・・・。

怪我人のお二人、無事病院まで搬送されたでしょうかね・・・?

明日も、雨が残りそう・・・!

郵便屋さん、何度も何度も言っていますけど・・・。
”山はお天気次第ですよ~!!!”

”無理は禁物、山で無理しても何もいいこと、楽しい事なんかないですよ~!”

安全第一、郵便屋さんも無理はしません・・・!

スポンサーサイト
2015.08.17 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。