上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
12日目、山の郵便屋さんプラス、グリーンロープ張りに行って来ました。

両日ともに非常にお天気が悪く、写真を取ることが出来ませんでした、あしからず・・・。

7/13の大雪渓は、今にも泣き出しそうな重~い空模様。


7.13 本日の大雪渓


昨日と違って、下山される登山者ばかり・・・。

早く上がって、雨が降りだす前にロープ作業を・・・。
泊まりの荷物プラス、昭和医大さんへのお土産の一升瓶ワインが、堪えます。

あえぎながら、何とか最初の作業場所、葱平中腹に到着。
「よ~しやるぞ~」と思いきや、雨がポツポツと・・・。

結局雨の中、葱平~頂上宿舎までの間、5時間作業しながら上がり、約7時間もかけての上山。
いつもの2.5倍の速度・・・。

身体は冷え冷え、少し風邪気味だったのが、本格的に咳と鼻水が止まらなくなりました。
こんな天気とわかっていたら、せっかくの休日、ワールドカップ見ながらゴロゴロしてたのに・・・。

ロープ張り


宿舎に着いて、従業員棟のグリーンパトロール室の畳を敷き、ラム紅茶で一息・・・。

夕食後は、昭和医大さんと小屋番たちと楽しいお酒を頂きました。

ここで昭和医大さんについて説明しますと・・・。
実際の名称は、昭和大学医学部白馬岳診療部、数年前に話題?になったドラマ、サマーレスキューのパイオニアです。
山岳医療の草分け的存在で、昭和6年から今シーズンで83年目という凄~い、長~い歴史です。

私が常駐隊時代にお世話になった山小屋にも、J医大学、T大学医学部、O大学医学部、K大学医学部、S大学医学部と山岳診療に取り組まれている医療関係者がたくさんいらっしゃいますが・・・。
やはり皆様下界でのお仕事が忙しく、週末のみとかお盆のころが多く、またドクター不在、看護師さんのみということもしばしば・・・。

ところが、昭和医大さんの素晴らしいところは、実質に山岳医療に取り組んでいるのは一年~六年までの医学生さんですが・・・。
「ドクター不在では、診療治療は出来ない、させない」という理念から、約一ヶ月の開設期間中は、かかさず交代でOBのドクターが上がってくる。
中には沖縄から毎年休暇を捻出して、いらっしゃるドクターも・・・。
本当に、OBドクターの山岳医療にかける情熱が凄いですね!

医学生さんたちも山で大した医療機器もなく、怪我や病気に対処、診断、治療することは、なかなか下界の病院では得られない経験になり、皆さん名医といわれるお医者さんになっていかれています。

医大さんの診療部屋の写真、飲んでばかりで撮り忘れました。
ごめんなさい、後日アップしますね・・・。

今回上山された、Kドクター、Yドクター、お疲れ様でした。
また、山の上で飲りましょう・・・。


タカネヤハズハハコ

ミヤマクワガタ


稜線ではタカネヤハズハハコが、葱平ではミヤマクワガタが、咲き始めましたよ・・・。

このミヤマクワガタ、北ア型と南ア型があって若干色が違うそうですが、まだ図鑑でしか見たことが無いので、南ア型を一度見てみたいものです。
初めてこの名前を聞いたときは、先日、猿倉荘で出迎えてくれた昆虫のイメージしかがわかず、「まぎらわしい~」と思ったものです・・・。


南ア、ミヤマクワガタ


↑ネットで拾ってみました、南ア型ミヤマクワガタです。

前々から気になってたのですが・・・。
大雪渓のど真ん中に落とされてきた木ですが、新芽が出て必死で生きようという姿が、けなげであり、悲しくもあり・・・。

どっかにまた流されて、土の上で定着してくれないかな~。


落ちてきた木 新芽


白馬尻で突然、わけのわからない背負子ボッカ集団と遭遇!
ソーラーパネルや土管やら・・・。
話を聞いてみると、国交省がらみで「落石監視のカメラの設置をする」とのこと・・・。
余りのびっくりにピンボケ写真になってしまいましたが、珍しいのでサムネイルで・・・。

ボッカ、大変お疲れ様です!


何者?
何者2
何者3

本日、7/14の大雪渓も相変わらず・・・。
明日は、晴れるかな~?

7.14 本日の大雪渓


スポンサーサイト
2014.07.14 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。