上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
17日目、郵便屋さん行ってきました。

朝、猿倉に到着すると、人・人・人150人位はいるかな・・・。

人ごみの嫌いな私は、新聞を猿倉荘に置いて、そそくさ即退散・・・。
人ごみ写真を撮るのも忘れてました。

で、馬尻小屋前のにぎやかさと、馬尻ケルンよりの本日の大雪渓・・・・


馬尻小屋前

7.19本日の大雪渓


最初は小雨だったのですが、雪渓にとっついたころより雨足が強まり、やむなくカッパを・・・。

朝から白馬村は大雨、雷注意報が出ているし・・・。

降ったり止んだりの中、葱平の到着し振り返ると、行列のできる大雪渓になっていました。

7.19葱平より


で、しばらく上がって小雪渓の下まで来ると・・・。
大声で、「山小屋の方ですか~!」って声をかけられました。
「いいえ郵便屋で~す!」と返答しましたが・・・。
よーく見ると怪我人のよう・・・。

60代くらいの女性と娘さんの下山者、お母さんのほうがバランスをくずし、顔面を岩にぶつけたようだ・・・。
最初のうちは血がたくさん出たので、びっくり慌ててしまったようす・・・。
まだ上山客も少なかったので、結果オーライ、人がたくさんいればすぐ大騒ぎになりますからね・・・。

怪我は目の横を1cm巾くらい切っただけ、深さもそんなに深くない・・・。
しかし、タオルに付いた血の量を見ると、他に頭部などに怪我がないか、目の動きが変じゃないか等、よーく観察してから・・・。

「おかーさん、全然大丈夫!!!」

バンソウコウをペタッ、「はい、次は転んでも少しはましなように、帽子かぶりましょう。」
帽子をかぶってもらって、下山をお見送りました。
一件落着・・・。
その後、3時間後に下りでまた会いましたが、かなり危なっかしいお二人のようでした。
無事、下山されたかな~?

で、小雪渓まで上がっていくと、白馬のガイドさんSさんとTさんがチェーンソーでステップ切りをやっていました。
お疲れ様です・・・。

その後、お二人にはにわかグリーンパトロールのお仕事についてもらいました。

小雪渓看板


いくらステップを切ってあっても、小雪渓のトラバースはアイゼン着用ですよ・・・。
ちなみにこの看板、昨年の滑落事故者の発見者は私です。
ラッキーなことに命はありましたが、頭部裂傷、肩、上腕に強打の打撲、膝も裂傷でしたが、お皿が見えていました。

雨でツルツルになっていたにもかかわらず、アイゼンをはかなかったのが、原因でしたね・・・。

良い子の登山者は真似しないでくださいね・・・。

また事故が起こるとテープをはがして、昨年が今年に変わらぬように・・・。

続々と


下山していくと続々登山者が上がってくるので、下ろしてもらえません。
「誰が登り優先なんて決めたんだ~、譲り合いの精神はないのか~」と、心の中で思いっきり叫び・・・。

ふと不思議な登山者がこちら・・・。

子供を背負って


さすがに連休だけあって、親子連れは沢山上がってきたのですが・・・。

宇宙服か細菌処理班のような、頭からすっぽり入るカバーに背負子?
長靴がピンクなので女の子かな?
今回のは、特別な理由がありそうな雰囲気でしたが・・・。

子供を背負ってくる登山者は沢山いますが、歩けない子供を高山に連れて行くのは、子供さんにかなり負担がかかるのです。
揺られて寝ている間に呼吸数がどんどん減り、高度障害を起こす。
ぐずることがあっても、頭痛や吐き気などの症状を訴えられないうちに症状がひどくなる。

自分の足で歩く子供たちは、山にど~ぞど~ぞです。
歩けない子供たちは、もう何年かしてからど~ぞです。

M山荘のⅠ家のような、赤ん坊がひと夏を山で過ごす英才教育の方は、別格ですが・・・。

クレバス杓子

二号雪渓 落石


ここで本日のワンポイント・・・。
大雪渓上向いて左手の杓子側からの落石は、しょっちゅうガラガラ音をたててますが・・・。
ほんのたまに気まぐれで飛んでくることもありますが、基本的に写真のように大きなクラックに吸い込まれて下まで落ちてきません。

下の写真は、2号雪渓ですが・・・。
ここ数日間で急速に落石の数が増えてきています。
右手側の2号雪渓、3号雪渓からはかなりスピードの速い落石が起こります。
音のする左手ばかりに気をとられないで、右側にも十分注意して上下山してください。
よろしくお願いします。


落石に座って


で、今の落石の通り道に落石の上にドカッと座って、背中を向けてお弁当を食べている3人の年配者に思わず声をかけました。
「後ろからスピードのある落石がきますよ~、落石の上には座らないほうがいいですよ~」
善意で言ったつもりですが、お二人はすぐに立って仕度されていましたが・・・。
お一人の耳には届かなかったようですね、ずーっと座ったままでした。

悲しいですね・・・。

雨で、花は撮れませんでしたが、何枚か・・・。

ムシトリスミレ

ムシトリスミレです。
食虫植物で、葉っぱに小バエなどが張り付いてます。

エゾアジサイ

猿倉近辺で咲き始めました、これから花びらが青くなると思うのですが、エゾアジサイですかね・・・。

ショウキラン
2ショウキラン

これも猿倉荘の近くに咲く変わった花、ぱっと見はギンリョウソウのように見えるのですが・・・。
名前の由来は五月人形に飾られる、閻魔さんのような、鍾馗(しょうき)様からきているそうです。
今年は不発みたいですね・・・。

当たり年の写真はこちら・・・。

3ショウキラン


明日は郵便屋さんは休みですが・・・。
当所16日より入るはずだったグリーンパトロールが、22日結隊式という非常に遅い入山になってしまいました。
E林署さん、現在はS林管理所というのですが、もうちょっとやる気になってもらえないでしょうかね・・・。
連休にグリーンパトがいないなんてことは、何十年もありませんでしたよ~。

1000人も登山者が来れば、グリーンロープだけでは高山植物は守れませ~ん!

というわけで、苦肉の策で明日、白馬村案内人Ⅰさんと上山しSさんと合流、三人でにわかグリーンパトロール隊になります。

なんでまた、日曜日の更新はおあずけになります。
あしからず・・・。

本日、猿倉より出発された登山者は約500名だったそうです。
明日は???。

昨シーズン頂上宿舎で小屋番をされていたNさんが連休のお手伝いに・・・。
上がる前に、おいしいお菓子を差し入れてもらいました
下山後、猿倉荘の皆さんとおいしく頂きました。
ありがとうございました。
ご馳走様でした!




スポンサーサイト
2014.07.19 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。