上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
20日目、郵便屋さん行ってきました。

気象庁さん、関東甲信越の梅雨明け宣言は、どうなってんですか?

白馬村の里ではパラパラ雨でしたが、猿倉に近づくにつれ雨が・・・。

車で御殿場まで上がってきたところ、ガイドのKさん率いる、白馬村合唱団(本当の名称は知りません)と行き会いました。
どうもこの中に、そうとうな雨女さんがいるらしい・・・。

同じく女性ガイドTさんもお二人のお客さんともに、大雪渓を上山です。
明日は、朝日小屋に向かうそうで、思わず「いいな~、朝日小屋行きたいな~」と、私。
このTさんとにかく山や花が好きで、天狗山荘で小屋番をされた後、山のツアー添乗員を数多くこなされてガイドの資格を取得されました。
この方の素晴らしいところは、個人的なフリーでの登山中もゴミ拾いをしてくれるのです。
ありがとうございます、お気をつけて・・・。

というわけで、本日は雨と強風の悪天で、写真が3枚しか撮れませんでした。


7.24 本日の大雪渓


本日の大雪渓です。

天候が悪いにもかかわらず、50~60名くらいは上山しているでしょうか・・・。

大雪渓の雪の状態は、昨日のお天気でフニャフニャだった雪が、下から上までぎっしり固くなっています。
稜線の天候が相当悪いのでしょう・・・。
思ったより下山者が多く、皆さん下山に手こずってました。
アイゼンが無くびびりながら下りてる人、アイゼンが途中ではずれ立ち往生している人・・・。
全く、雪はそして山は生き物ですね・・。


傘


途中で追い抜いたお客さん。
傘をさしてこの濃いガスの中、おまけにバチバチと雨音が激しくなる中、黙々と上部を気にすることもなく、下だけを向いて歩いています。
そして、どんどん吹き降ろしの風が強くなっても、傘をさしたままとは、大物ですね・・・。

私も樹林帯では傘の愛好者です。
ジョギングパンツ(悪い見本です)か、下だけカッパで傘をザックに引っ掛けて・・・。
ただ大雪渓ルートでは、ほとんど傘はさしません。
大概は吹き降ろしの風で、視界が狭まる上に雨音で落石が落ちてきてもわからないからです。
落石から身を守るのは、上下山ともに、とにかく早く察知することが大切なのです。

良い子の登山者の皆さん、大雪渓ルートは傘はNGですよ・・・。
よくよく、お花畑で壊れた傘や、重くなって捨てていった傘が転がってます。
こういう傘のごみは、山の上では特に分別に困るんですよ~。
傘愛好家の方、雨風に壊れない選挙用の傘なんてどうですかね?
いえいえ、NGです。


お墓


写真が撮れなかったので、最近気になっていた写真をアップします。

まんまのお墓ですね・・・。
なぜ、こんなところにお墓が?
よく山頂に、人骨の入った陶器の入れ物や、わざわざラミネートをした写真(たぶん遺影)を置いていく人がいます。
私は見つけると、置いていった方には申し訳ないですが、全て処分しています。
慰霊碑もそうですが、こういう念の残るようなことをすれば、不思議とその近くで何度も遭難事象が起きるのです。

山は墓地ではありません。

私は個人的には、死んだら鳥葬希望なんですがね・・・。
ハゲワシのいない日本じゃ、カラスに突っいてもらうしかないのですが・・・。
日本では、死体損壊罪になるそうです。

国立公園内に無断で、慰霊碑等を設置するのも法に触れますよ~!


3落石 


先日見つけた、落石の上に落石が微妙なバランスでのっかっている・・・。

自然にのっかったのか?人がのっけたのか?
よくわかりませんが、杓子側からの白い石も、本峰側からの黒い石も、両方から落石が集まる場所のようですね・・・。

良い子の登山者の皆さん、登山中も休憩中も右上部、左上部はもちろん真正面上部にも注意です。
山の雷はたまに下から上に向いて飛んできますが、落石については確実に上からのみですから、常に”上を向いて歩こう♪~”ですよ~!


空き缶


葱平で、埋まっていた缶が出てきました。
ビタミールカスタード???
なんとも不思議な飲み物?ですが・・・。

50年、60年それ以上昔ですかね、葱平の中腹にゴミ引き取り場所があったらしいのです。
たぶん、飲み物等の販売もそこで行われていたのでしょう・・・。
その多量の空き缶やビンを埋めていたようで・・・。
何十年のときを経て、姿を現したゴミさん!
字が読めるくらい腐食していません。

よく山で、みかんの皮や、ぶどうの皮、バナナの皮等々また、お弁当の食べ残しの生ゴミを「腐るから大丈夫」と、自分勝手に解釈して捨てていくお客さんがいますが・・・。
全くの間違いです!!!
微生物の少ない高山では、腐食の進行はウルトラ遅いのです。
それどころかその生ゴミにつられて、カラスや猿、狐といった、高山にはきて欲しくない動物までも連れてきてしまいます。

一番の受難は、雷鳥さんですかね・・・。
カラスや狐に捕食されたのを、結構見つけることがありますよ~。

人が登山することで、自然に大きなインパクトを与えているのは間違いありません!
良い子の登山者の皆さん、これからもローインパクトでお願いします。


ミヤマトリカブト


はや~!
もう、秋の気配ですかね~!
トリカブトの花見っけ~!

下山時に道を譲ろうと待っていたら、私の目の前で見事な?後方回転転落おばさん!
すごい勢いで後ろにのけぞって転んだので、ビックリ!
まあ大騒ぎにならないよう、ザックを外して、昔お姫さまをお姫さま抱っこで道の傍らに寄せて、怪我の程度を見ると・・・。
腰は強打したようだが、運良く頭部をぶつけなかったので、なんとか自力歩行できそうな様子。
非難小屋のすぐ下だったので、そこでゆっくり休んで、本当に痛くて駄目なら救助要請してくださいと・・・。
とりあえず、小屋と常駐隊には携帯で連絡しておきました。

先ほど、午後三時ころ、常駐隊の隊員から”大丈夫だった・・・”とのメールがありました。
よかった、よかった!
あのおばさん、この運を山で使わず宝くじでも買ってたらな~なんて、不謹慎なことを考えながら・・・私。

しかし、メールには低体温で動けない登山者対応で忙しいと・・・。
お花畑から稜線にかけては、風速15~20mの強風が吹き荒れてたからな~。

常駐隊さん、ご苦労様です。

山は、お天気次第です。

今夜、白馬村合唱団のみなさん!
強風の豪音に負けないくらいの歌声で、山を明るくしてくださいね~。

明日は、天気よさそうかな?







スポンサーサイト
2014.07.24 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。