上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
30日目、山の郵便屋さん行ってきました。

昨日、もらった山登りミュージシャンのステッカーをヘルメットに貼って、いざ・・・。


ステッカー


今日は頂上宿舎、短期バイトのM君と上山、なんと彼はフランス生まれ、フランス在住の日本人。
お父さんが有名な画家さんだそうだ・・・。

山のアルバイトも国際色豊かで、おもしろいですね~。

例によって、M君とウダウダ無駄話しをしながら、上山。
日本語の話せる外国人と会話しているようで、感性や感覚、習慣の違いがあって、非常に面白く楽しかったな~。
標高が上がるにつれ、きつそうだったので、小雪渓トラバース終了後、置いてきぼりにしてしまいましたが・・・。


バイト M君


本日は昨日と同様、11号12号台風の影響か、ドヨ~ンとした湿ったガス、ガス、ガス。
M君と二人でTシャツ姿で登っていると、お客さんから”大丈夫?”と心配される。
私、”晴れることを願って、Tシャツで登っているんですよ~”と、やせ我慢!

しかし、願いもむなしく一日中ガスだらけのお天気でした、残念!
写真もピンボケのような写真ばかりになってしまいました。


8.5 馬尻小屋

真っ白け

ほんとに、こういう日の落石が怖いんですよね・・・。
M君と話しをしながらでも、落石アンテナはピリピリ!


8.5 葱平より


真っ白けの写真しかないので、ちょっと違う写真を・・・。


ゴミ? 2

ゴミ?


お花畑下部にある、大昔のゴミなんです。

今から50年以上も前、まだヘリ輸送が盛んでなっかたころ、歩荷(ボッカ)さんが食料や飲み物を背負って運んでいたのですが・・・。

簡易リフトのようなもので、荷運びもやっていたそうで・・・。
その当時のワイヤーやドラムの残骸なんです。

どの辺りから、どれくらいの荷物を運んでいたのか、詳しくわからないのですが・・・。
また、よくご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください!

そういえば、燕岳の合戦小屋には、荷運びのリフトが現役で動いてますね。


岳


これは常駐隊のユニホームですが・・・。
3シーズン前から、長野県が財政難からミズノさんにスポンサーを頼み、隊員のウェアーやカッパを提供してもらっています。
そこで、漫画の岳(ガク)人気にあやかって、主人公である島崎三歩君のロゴを張り付けて・・・。

私も、岳はどこの山小屋にもあったので、全館読みましたし、うちの子供が通っていたO北小でロケがあったので、映画も見ました。

冬山や8000m級での単独救助活動など、”ありえ~ん!”と思いながら、三歩君のスーパーマンぶりに笑ってしまいましたね・・・。

岳人気で若い登山者が、山に来てくれることは非常にありがたいのですが・・・。
いくつか、困ったことが・・・。

まず一点、主人公の三歩君は、いつもテント指定外天幕者です。
良い子の登山者の皆さんは、まねしないで下さいね、国立公園法違反です!

もう一点、ソロテントが流行で、5人パーティで来たのに、5張りのテントを張るなんてのが、増えてます。
テント生活は”せまい、くさい、でも和気あいあいで、楽し~い”なんてのは、古いんですかね?
土日になると、とにかく各山小屋のテント係りは、ソロテントであふれかえり、張る場所が無くって困り果ててます。
グループソロテントは、特に込み合うときにはご遠慮下さい!

最後に山岳救助隊や常駐隊は、三歩君みたいな超人ではありません。
生身の人間なんです。
ヘリ救助も万能ではありません。
実際、高所でのひとつの救助が終わると、隊員はへとへとに疲れてしまいます。

あくまで岳は、漫画の世界です。
良い子の登山者の皆さんは、安全登山を心がけ、安易な救助要請などないようにお願いします!!!


元猿バイトA君


下山を始めると、見たことのある顔が・・・。
男の子なのに抱きつかれてしまいました。
昨シーズン、猿倉荘で小屋番をして、毎日カキ氷をつくってくれたA君。

ガイドになりたいと、念願の妙高にあるアウトドアの専門学校に入校できたそうです。
良かった、良かった!

未来の国際ガイドかな~、しっかりね~、お気をつけて~!

湿度100%で撮ったお花をつらつらと・・・。

タカネナデシコ

タカネナデシコ、秋の花ですね・・・。

チシマギキョウ

チシマギキョウも濡れ濡れ。

タカネスズメノヒエ

ちょっとマニアックに、タカネスズメノヒエ。

アオノツガザクラ

アオノツガザクラですが、ツガザクラというピンクのお花に対して、アオといっているのでしょうか・・・。
私には黄色か、黄緑にしか見えませんが・・・。

ミヤマアキノキリンソウ

ミヤマアキノキリンソウです。

イワオウギ

ほんとに岩の間から咲いていた、イワオウギ。

キバナノカワラマツバ

咲き始めるのを待っていて、なかなか咲かなかったのですが、ようやくのキバナノカワラマツバです。

ガスガスの大雪渓を下山していくと、膝カクカクの単独年配男性登山者・・・。
シリモチをついても、自力で立ち上がることも厳しい様子・・・。

”座り込んでいると、落石頭に直撃ですよ~、やっぱ単独はよくないですよ~、今日は馬尻小屋に泊まって、明日ゆっくり再度、下山してくださいね~”

常駐隊なら腰にロープまいて、通称猿まわしで下山してもらいますが、私は救助引退の郵便屋さん・・・。
とりあえず、ザックは馬尻小屋まで運んであげましたが、無事小屋までたどり着けたかな~?
ちょっと心配ですが・・・。

馬尻小屋まで下山してきた、こちらは御歳72歳でも健脚のMドクター、お疲れ様でした。
医大さんのドクターで白馬岳まで、元気に上山されている中では、最高齢ではないかと・・・。

師匠ケンゾーさんの話などをしながら、また来夏の再会を約束して、Aホテルまで送迎しました。
都会まで、お気をつけて~!


氷


ここ数日、日が当たらないため、大雪渓、小雪渓ともに雪が固く締まった状態です。
各所に凍って、ツルツルになっているところもあります。
登山者の皆さ~ん、アイゼンは必携ですよ~!

私、明日はどうしても外せない用事があり、知人のYさんに郵便屋さん代理お願いしました。
このYさん、60歳半ばですが、一日一食しか食べないのに、毎日20~25kmものランニングを欠かさず行っているという怪物で・・・。
飴玉10個持って、冬の五竜岳を日帰り登山なんて平気で行ってくる・・・。
世の中にはすごい人がいるもんで、代理適役ですね・・・。
おねがいします!

というわけで、ブログのほうもお休みをいただきます。
あしからず・・・。

明日こそ、晴れますように・・・。








スポンサーサイト
2014.08.05 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。