上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
37日目、郵便屋さん行ってきました。

本日、大変疲れました。
時間が余り無いので、ブログ更新も短めで・・・。


8.14 猿倉

8.14 馬尻小屋


猿倉荘と馬尻小屋前ですが、お盆ラッシュも一段落?、やや登山者は少なめですね・・・。


8.14 本日の大雪渓


本日、新しい女性アルバイトさんとの上山でしたが・・・。
かなりのマイペースの方のようで、出発しようと思いきや、”今から帽子をかぶりますので、少し待ってください”とのこと・・・。
まあ女性なんで、日焼けが気になるだろうから・・・。

今日は天気が悪くなるから、早く行動したい!ところをグット我慢。

しばし歩いて、馬尻小屋に到着。
”休憩ですか?”彼女。
”休憩は基本しませんよ~、ここが”最後のトイレですよ~”私。
”どれくらい、かかりますか?”彼女。
”あなた次第なんで、わかりません”私。
”では、行ってきます”彼女。

のんびりペースで、時間だけが過ぎていく・・・。
ちょっとイラッとするが、我慢我慢!

馬尻小屋をようやく出発し、ケルンに到着。
”ここでアイゼンを、はいてください”私。

なんかもぞもぞ、のんびりペースの彼女。
”つけ方がわかりません!”彼女。
”昨日、猿倉荘で練習したんですよね?”私。
”はい、しましたけど、忘れました!”彼女。
”昨日の今日でしょ?”私。
”はい、忘れました。つけないで上がります”彼女。
”大丈夫?雪国育ちの人ならいいかもしれないけど、ほんとに大丈夫?”私。
”わかりません”彼女。

はあ~、参った!!!

このやり取りと、アイゼン装着に20分もの時間が無駄に過ぎてしまった。
ようやく歩き出すが、ベニガラの上しか歩けない彼女、ノロノロお客さんも道を開けないし、なかなか進まない・・・。
Tシャツ姿の私、身体が冷え冷えで低体温症寸前・・・。
ガスが濃くなり、落石が怖いのでなんとか引っ張って、砂山下部まで到着。

”ここで水分補給しましょう”私。
”持ってません”彼女。
”えっ?水もお茶も?”私。
”はい”彼女。

絶句!
このやり取りを聞いていた、山ガールのお姉さん達も、呆れ顔!!!

山に来る前から遭難してるわ~、この人!
登山経験全くなしとは、聞いていたけどこれほどとは・・・。
それがどうもこの彼女、教師だったらしい・・・。

すごすぎる、そしてそもそも、彼女の名前すら知らない!
山にアルバイトにくる、以前の問題でしょうね・・・。

あ~、日本の教育はいづこへ~???

猿倉で後で聞いた話ですが、前日は旅行用のガラガラで来たそうで・・・。
本日のスタイルは、ザックに肩からショルダーバックをかけるという斬新なファッションでしたが・・・。

なんとか、大雪渓と秋道の危険部分をクリアして、葱平に無事到着。

カッパを持っていることを確認して、”登山者も沢山いるし、道なりにグリーンロープを伝って、ゆっくりでいいので上がってください、お気をつけて・・・。”お別れしました。

最強でした!
先日のグリーンパト61歳、登山経験ゼロのおじさんも然り・・・。

山で働くという事が、どういうことか創造すら出来ないんでしょうかね???
S公社さん、私にはこういう人たちは、面倒見切れません。
あくまで、郵便屋さんですから・・・。

ニッコウキスゲ


というわけで、ブログ更新用写真も本日は、こんなものしか・・・。
馬尻ケルンの南斜面を見上げると、ニッコウキスゲが・・・。
別名、ゼンテイカ、漢字で禅庭花、こちらの名前のほうが好きですね・・・。


カブスカウト


馬尻小屋前では、カブスカウト君達が元気に上がってきました。


穴


最後に大雪渓を上りはじめて、10分~15分ほどのところに穴が開き始めました。
ベニガラからは少し離れているので、特に問題はありませんが・・・。
本流の川の音がゴウゴウと音をたてています。

良い子の登山者の皆さん、また雪見の観光客の皆さん、興味本位でのぞきに行かないで下さい。
穴は雪の上から融けたものではなく、川の下から融けて開いたものです。
その周りには、いくつもの落とし穴がひそんでいますよ~!

本流に飲み込まれれば、確実に死あるのみです。
遺体もほぼ見つかりません!
以前に実際、そういう事故がありました!

子連れさんは特にお気をつけ下さい!!!
お願いします。

明日も、微妙なお天気です。






スポンサーサイト
2014.08.14 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。